アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
3連休初日。天気は快晴、海も凪。
今日はのんびり起床。コーヒーを入れ、まったりテレビを眺める。
いいね~金曜日の休みは。。番組が新鮮だ。

そこへフォレストさんから入電。
「今朝もシーバス獲りましたよ!魚が溜まってる場所発見しましたので今晩どうですか?」
と右脳直撃のナマ情報が入ってきた。もちろん返信は
「夜、行きましょ!!」

昼前に家を出る。
連休初日という事もあり国道は渋滞気味。とりあえずの狙いは夕マズメのヒラメ狙いだ。
途中、アルパーさんと水戸市内の釣具屋巡りをし、目的の那珂川に着いたのは15:00頃。ちょうど潮も動きだしイイ時間帯だ。
IMG_3435.jpg

15:30~18:00 那珂川河口周辺
お~!いるいる。たくさんの釣り人が。
連休初日だからなのか管釣りみたいに釣り人が乱立している。
ちょうど入れそうなスペースがあったのでそこへエントリーする。
同行のアルパーさんは海側へエントリー。

狙いはヒラメ!水温は17度台、ヒラメには適温。
周りを見渡すとヒラメ狙いのアングラーが結構多い。潮目から足元の掛け上がりをミノーで探る。本当は移動しながら広く探りたいところだが釣り人が多く一箇所で「回遊待ち」の状態。これじゃあヒラメは釣れません。
一応、メッキを狙ってジグも投げてみたがコチラも気配なし。
ちょうどアルパーさんも海側から戻ってきた。
状況は?
「他のアングラー50cm程のヒラメをゲット。サーフには鳥山あり」
とのこと。しかしサーフはサーファーが多くキャストできなかったそうだ。
ま、日も暮れたしこれだけ釣り人が多いとさすがに釣り辛い。
今回は偵察程度。魚が入ってるのが分かっただけでも収穫アリだ。

18:00~19:30 涸沼川
フォレストさんとの待ち合わせまで時間もあるし涸沼川を偵察。
ここ最近は渋いらしい。
久しぶりに中流部へ寄ってみた。ポイントにはブッコミ師が3人ほど。
ちょうど一人のブッコミ師が竿を大きく曲げナニやら大物と格闘中。興味深く見守ること数分。足元まで魚を寄せてきた。ライトで照らされた水面には・・・。
ひし形のボディーにムチのような尻尾のエイだ!
(こんなところまでエイが遡上するんだ~)
我々もキャスト開始。流れの筋を狙う。時折”パシャッ”と小魚も跳ねており魚っ気はある。
しばらくするとルアーに”コツッ”とか”コンッ”というショートバイトが出だした。マルタかな~?などと考えていたら上流側でキャストしていたアルパーさんの方から”バシャバシャ”と魚が暴れる音。
ヒットしたようだ。数秒後「小さいな~」の声。
ヒットしたのは30cm程のセイゴ。バイトの正体はコイツ等だった。
即、場所移動を決断。経験上セイゴが居ると大きいのは居ません。

20:30~23:00 ㊙ポイント
フォレストさんと合流。今朝シーバスの群れがいたポイントへ案内していただく。
なるほど。近くに民家もなくいかにも”穴場”的な場所だ。
ただしルアーマンはそれなりの人数が入っている。
ポイントを探っている途中ですれ違ったルアーマンの足元に「ぶっとい丸太」のような80UPの見事なシーバスがキープされてあった。
夜もココにシーバスが居るのは間違いないようだ。
俄然やる気がでる。頻繁ではないものの”バフッ””ボシュッ”と大型の捕食音も聞こえる。
しかし、ここのシーバスは若干スレ気味のようだ。月夜のせいなのか岸際に人が立つと気配を察知しボイルしなくなるのだ。
影が水面に写らないように”しゃがみこむ”と途端にボイルする。
3人でしゃがみこみ雑談しながら半ば諦めモードでアルパーさん、フォレストさんがキャストする。
「こんなんで案外ヒットしたりしてw」
とか言っているとフォレストさんが本当にヒットさせてしまった。
キター!!」(マジですか!?
IMG_3436.jpg
バックリと見事にルアーを咥えた綺麗なシーバス。
サイズは50cm台のアベレージサイズながら何故か嬉しい一匹。

こんな事があるから面白い。
明日はボートで朝が早いので早めの撤収。

~~フォレストさん~~
ガイドありがとうございました!!
スポンサーサイト
2006.11.05 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/94-d9e38d45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。