アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
気がつけば9月も最終日。
今月は週末の度に台風や低気圧の影響で海は大荒れだった気がする。
たいした成果も無く9月は終わろうとしている。
何とかマトモな釣果を上げたいので今週も出撃。

IMG_3358.jpg

今日の潮汐は午前2:30頃が下げ止まり。まもなく潮止りとなるのであまり期待は出来ないが那珂川の様子を見てみることに。

午前1:00~2:00 那珂川
川についてみると流芯部に「チカッ・・チカッ」と嫌な明かりが点滅している。鮭の刺し網漁だ。網を流されると流芯周りにいる魚は一網打尽だ。
川岸は潮位が下がりテトラや捨石は完全に露出。かなり攻めにくい。
それでも200M程離れた場所からは捕食音が聞こえる。居ることは居るようだ。
4,50分キャストを繰り返し探ってみた物のノーバイト。流れも止った。
一方、同行のアルパーさんは自分の目の前で見事ヒットさせるもフックアウト。残念。
次回は刺し網を入れられないどシャローを攻めてみよう。
我々と入れ違いでポイントへやってきたブッコミ師の方は最近シーバスのメーターオーバーを釣り上げたらしい。

午前5:30~10:00 磯崎方面
だいぶ日の出も遅くなり、気温も肌寒く感じる。
今季ラストカンパチ狙い。

すると到着するなり目の前でバシャバシャっと直径10M程のナブラが発生!!

すかさず30gのジグをキャスト。
ナブラの中をジグが通過。「来るぞ、来るぞ
いつバイトが来てもいいように心の準備するが何事も無くジグが手元に帰ってきてしまった。
何じゃ??
カラーを変えミノーも投げてみたが全く反応しない。
そこへ別のポイントを攻めていたアルパーさんが戻ってきた。
「ナブラの正体はメッキだね」
見渡すと辺り一面すごい数のメッキのナブラだらけだ
ジグを7gの「ナブラ刑事」にチェンジしナブラの進行方向へキャスト。
すると一発で”ゴンッ”とヒット!なかなか”キュンキュン”と良い引きだ。
IMG_3366.jpg

連発ヒット
IMG_3368.jpg

メッキはメッキで面白い。しかしAR-Cとツインパ4000の青物タックルではせっかくの引きが楽しめない。今度はライトアクションのロッドで楽しもう。
まだメッキ釣りを楽しみたいが今回の目的はあくまでカンパチだ。
ということでサーフへ移動。
IMG_3370.jpg

すると目の前を漁船5隻が操業中。昨日の刺し網といい今日の漁船といいなかなか思うようにいかない。

サーフをあきらめ大きく移動することにした。

移動中に高台から海を見ると・・・ナブラ!ナブラ!!ナブラ!!!
からまで見える範囲で射程圏内に5個ほどナブラが出ている。
すかさず準備をしキャスト開始。追われているベイトの水飛沫からしてメッキではない。
ところがジグをキャストするがまたしてもバイトしてこない。
という事は・・・多分マルソウダだろうな~
ソウダはジグを追わない時があるから難しいターゲットだ。
そうこうしている間にナブラもピタッと消滅。潮止り。
タイドミノーでマゴヒラのフラット系も狙ってみたが反応無し。

もう少し早く場所移動していればゲットできたかもしれない。タラレバだ。

午後も違う場所でナブラに遭遇したが正体はやはりマルソーダだった。
ナブラが出ている時、魚は興奮中だが人間も興奮するらしい。
自分の正面でナブラが出た時も右から左から黄色の派手なネズミが見境無しにぶっ飛んでくる始末。
人がいようがキャスト中であろうがお構いなし。あ~あ。

<情報>
マルソーダを釣りたい方は急いで海に行ってください。かなりの数が接岸しています。ルアーよりも弓角やサビキが断然優位ですよ。サイズは40cm近いので引きも楽しめます。味は・・・ですが。

来週はネズミを避けれる磯マルとイナダを狙う予定。


スポンサーサイト
2006.10.01 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/80-d6d5c681
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。