アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
盆休みもあとわずか。
今日も霧雨が降る中、アルパーさんとナイトシーバス狙いで出撃。

21:00~23:00 那珂川  
今日も下げ狙い。一昨日90UPをあげたポイントに向かう。
さすがにこの天気では釣り人も少ないだろう。何せ夕方からずっと霧雨が降り続いているのである。

ポイント到着。やっぱりココは不気味だ・・・。一人では無理!!!
ここで怪談話でもすればかなりの怖さだろう。
明かりすらない真っ暗闇、背丈以上に生い茂った葦原、いきなり空から聞こえる川鵜の雄叫び「オアーッ!」。 
それに加えて不意に川から聞こえる炸裂ボイル音・・・。

”ボシュッ!””グァボッ!”と上流からも下流からもボイル音が聞こえる。今日もシーバスは健在だ。

開始早々、下流のシャロー帯を攻めていたアルパーさんが
キタッ!」と言ったすぐ後・・・”バシャバシャッ!”と鰓洗い音。
早速ヒットしたようだ。
しかし鰓洗い音の数秒後「あ、ハズレた・・・。」無念のフックアウト

わ:「大きかったですか?」
ア:「う~ん4,50cmの小さいヤツかな」

よ~し自分も釣るぞ!まずは竹が沈んでおり複雑な流れが起きている部分を狙う。真っ暗闇なので正確なストラクチャーの位置が分からない。このストラクチャーにルアーを引っ掛けると100%ロストする。前回もこの竹に「ヨレヨレ」を引っ掛けロストした。

しかしストラクチャーを狙わない事にはシーバスも獲れない。
己の感を信じてキャスト。
すると開始5分で見事に根掛り。この沈み木はビクともしない。
もれなくルアーロスト+リーダー組み直しのロスタイムでWショック。。。
やっと霧雨の中リーダーを組み直し、ルアーは”エスフォー11”をセット。エスフォーなら沈み木をかわせるだろう。
甘かった。
エスフォー1投目。”ガッ!!”何と交換1投目でまたしても沈み木にルアーが引っ掛った。当然のごとくロスト。はぁ。。。
またシステムの組み直し。何やってんだか俺は。
もうええ。違うポイントを攻めよう。
葦際のシャローを狙ってみる。ルアーはサラナ。案の定サラナでは底に着く。底にリップを当ててヒラ打ちさせるイメージで・・・”ゴンッ”っていきなりヒットー!
”バシャバシャッ”と派手な鰓洗い。サイズは小さそう。50cm程度。
しかしあっけなく鰓洗い3発でフックアウト!!

小さいルアーに交換したいが今日に限ってポケットには12cm以上のミノーしか入っていない。ヤケクソ半分で「天下無敵・バンズ」に交換しキャスト。さっきルアーを2個失くした沈み木周りを狙う。
偶然うまいこと沈み木のすぐ後ろバンズが通過。
とたんに”ゴンッ””ガボッ”・・・ヒットー!! 
ドラグから”ジィーーー”とラインが出される。
まぁまぁのサイズと分かるトルクある引き。ロッドが大きく弧を描く。
激しい突っ込みをかわしシーバスを岸へズリ上げた。最後はアルパーさんがボガでランディングしてくれ取り込み完了。胴回りが太く体高がある魚体。サイズは・・・。
IMG_3103.jpg
71cm!重さは3.5kg
70UPだ!嬉しい!
IMG_3102.jpg
今時期はリリース前提の釣りなのでフックはバーブレスを使用している。
撮影後、時間を掛けて蘇生させリリース。
シーバスは那珂川へゆっくり消えていった。
しかし2回の釣行で一軍ルアーを3個もロスト。5,000円以上だ。
結構ていうか、かなり凹む。

今日のヒットルアー公開
IMG_3105.jpg


本日の釣果
シーバス(71cm)・・・1本 他バラシx1
スポンサーサイト
2006.08.16 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/64-e37c9402
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。