アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
今月、3回目のジギング挑戦です。というか毎週行ってます。
確実に変態ゾーンに踏み込みつつあります。

銀色シーバスも捨てがたいのですが何しろ拙者、青いヤツが釣りたいのであります!
それに釣り人の大敵である 『蚊・蜂』や 『マムシ』 が沖には居ないので快適であります。
耳障りな ぷ~~~ん を聞かないだけでも体感快適指数UPです。意外かもしれませんがそよ風さえ吹けば沖は爽やかで涼しいのですよ。岸とは別世界です。

暑さも戻ってきましたので是非、沖へ行ってみてください。

007.jpg
5:00~15:30 常磐沖

夜半まで風速12mだった暴風も朝には予報通りの風速3mへ落ち着いたので無事出船です。
波は昨晩の風の影響でややうねってますが何とか釣りはできそうな気配です。

長野県からお越しのムラオ様も居るので中止にならなくて良かったです。ホント。
001.jpg

風の副作用で霧もなく、まずは浅場目指して船がぶっ飛んでいきます。
002.jpg

船長の『まずはキャスティングからやってみましょー』でトップから開始です。
すると1キャスト目からペンシルの後ろがモコッ!モッコリ!何者かが追尾してきますが…食いつきません。
すると隣のアルパーさんのペンシルにバシャッ!!と出て、ヒット!
ちょっと小ぶりですがヒラマサかな?ま、青物は間違いないです。
イイ感じでドラグならして暴れています。が、残念ながらフックアウト。

ムラオ君のペンシルにもチェイスはあるようだが食いついてこないみたいです。
もしかしたら大きめのショゴかもしれません。

イマイチの反応なのでチョイ水深のあるポイントへ移動し、お次はジギングに切り替えますが船長が数百メートル先に鳥山があるのを発見!
フルスロットルで急行します。やはり鳥山は漁師の血が騒ぐようで波を乗り越えながら爆走します。

到着するとやはり、そこにはパラダイスが!
ワラサ級まじりでサンパク、イナダ、ワカシが水面を真っ白にするほど激しいボイル祭り開催中です!
養殖の生け簀にエサを撒いた状態です。

dp08.jpg


↓↓↓ 


dp10.jpg

でもナブラの移動が速くて射程圏になかなか来ません・・・。

すると突然、船の真後ろで始まりました。
アルパーさんはすでにサンパクを掛けてます。自分もジグをキャスト!すると当然のように一発で食ってきました。
が、軽くね!? イマイチ引かない。自分のはワカシでした。
何でワラサじゃなくワカシが・・・(涙)

ナブラが沈んじゃったのでジギングでクイックゼロワンを動かしているといきなり『ドゥーン』
が、軽くね!? イマイチ引かない。またまた自分はワカシでした。

これでワカシ2連発。ワラサより先にジグにアタックしてくるのだろう。

底に居るベイトは何だろうか?とサビキを落としてみると・・・
004.jpg
ハナダイの子。マサが居る可能性はあるけど・・・全然食ってきません。

ちなみにサンパクが吐き出したベイトはセグロでした。
003.jpg


このポイントに見切りをつけ、更に沖へ移動し、ジグりますがすこぶる渋いです。
一度、koyagoさんの鯛ラバにメッチャ走る青物がヒットしましたがリーダーを食いちぎって逃げていきました。惜しいっ!

たまにくる『ドゥーン』
0051135.jpg
コヤツだったり。
あ、船の周りに1m弱のふらつきシイラが泳いでました。食い気はありませんでしたが。

今日はどうにもこうにも沖は青物の活性が低いです。ナブラも一度も発生しません。ダメっぽいです。

終盤はベイト豊富な超浅場でファミリーフィッシングです。
高級マイワシやワカシ(大)、アジ、サバ、サッパ、イシモチ、セグロイワシなどは入食いでしたね。
006.jpg

当然、ベイトについているヒラメやマゴチも狙ってみましたが、1バラシ、1ラインブレイクでズーボー・・・。
魚神様のツキにも見放されたようです。

ムラオ君はサビキが巧いねぇ。次々とマイワシやアジ、イシモチを釣り上げますな。
0091125.jpg

長野の実家へのお土産だそうです。マイワシは美味いよね!

まぁ、あの状況で全員ズーボーじゃなかっただけマシでしょうw
ショゴもノーチェイスだし、根魚ですらゼロの日は珍しいです。それだけ低活性でした。
007.jpg


型は別にして多魚種に恵まれた釣行でした。
浅場のマゴチ、ヒラメも次回、チャンスがあれば再挑戦してみたいですね。
スポンサーサイト
2011.08.23 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。