アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
謹んで新年の御祝詞を申し上げます。



いやはや、「釣り納め」の記事もアップせぬまま、年明けて・・・しばらく経ってしまいましたね。


正月は生憎の時化模様で実家に戻ったり、部屋で映画みたりと完全なインドア生活…でした。
年の瀬、正月向けの魚を釣るため常磐沖へ。
寒~い午前6:00出船♪

20101230061911.jpg

メインはマダイテンヤ、サブで泳がせヒラメ。そう、普段あまりやらない餌釣り。

自分はマダイテンヤ用のエビ餌を関西の魚屋さんから予め取り寄せし、用意しておいた。
なんと言ってもエサ屋で買うより安いからね。

このところ海は全国的に時化模様が続いている。九州でも大雪が降っていたほどだ。
前日は荒天で出船中止、当日はギリギリ出船可能、そして翌日はおそらく出船中止であろう。
予報を見る限り、本日は幸いにして風は弱く、波も午前中一杯は凪。船長も早上がりの可能性があるが出れると判断してくれた。

まずは泳がせヒラメだか那珂川河口域が水温低下で肝心のイワシ生き餌が現地調達が難しいらしい。小鰺ならばガチでサビキで釣れるとのことで早速サビキを降ろすも無反応。
時間がもったいないので小アジは諦め、テンヤ場へ移動。

テンヤ場でベイトの反応が出たのでサビキを降ろしてみると・・・
念願の小鯵! でも・・・2匹だけ。。
20101230091756.jpg

早速、泳がせ仕掛を1本投入。
そしてマダイテンヤも開始。水深は約40m。テンヤは8号をセット。
デカショウサイフグなどの餌取りがすぐエビをボロボロにしてしまう。悩ましい。
20101230111315.jpg

そんな餌取りと格闘しつつも何とか本命マダイGET。
無題

美味しい「裏本命」の沖メバルなんかも釣れる。
20101230101927.jpg


他の方もポツポツとヒットさせる。
無題2
この人は・・・誰!?

無題4

無題3

「マダイの活性上がってきたか!?」という昼頃であったがこの頃よりミゾレ交じりの冷たい雨が降り出し、風も強くなってきた為、残念ながら早上り。。


シャクリ上げ→着底の瞬間にさえ意識を集中させれば誰でも楽しめる釣り方ですね。テンヤは。
この作業に鯛ラバーではあまりやらない「ステイ」を加えるとか、回収中にも結構食ってくるパタ-ンが多いので底から5メートル位までは雑に巻かずにややゆっくり目に巻くとか・・色々アレンジをすれば更に楽しめると思う。

なんせ、本物の餌が針に付いているので外道を含めアタリは頻繁にある。
鯛ラバーではよっぽど魚が濃い時じゃないとありあえないほどのアタリ数。
やってみた実感としてマダイが底べったりの時はテンヤが断然強いです。


何はともあれ、お正月用のマダイを確保できたのはラッキーだった。
持ち帰ったマダイは元旦に親父、お袋と刺身&潮汁で堪能。
久保田の万寿がウマカッタ~

テンヤチャレンジ第2段は年明けの予定。
スポンサーサイト
2011.01.02 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/545-1b7ac90e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。