アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
このところ、数少ないシーバス釣行で奇跡的に大型を掛けることができるのだがフックアウトの連続。
自分が満足いくランディングができるまでブログデザインは”萌え系”のまま。
いわば自分で課したバツゲームみたいなモノです。

早く、「元」に戻れるよう精進します!


この画像は既に先週末から連休突入のU-ki君の釣果。ショアジギングでGET。
ハガツオですな。
これが白身で旨いんだなぁ。常磐では沖に行かないと中々釣れないターゲット。

CA3B0042.jpg


18:00~23:00 那珂川~磯

今日は夕方までは流れがあるが徐々に止まっていくイマイチの潮回り。
aoさんとシャロー帯にエントリー。

案の定、日没前まではいい感じの流れがでている。
まだ明るい時間帯なのでGドッグXでトップから探る。遊び半分でダイブ引きモドキをしていたら水深30センチでバシャッと出たー!元気なセイゴ。やっぱり明るい時間帯に出てくれると嬉しいね

ほぼ同じ時間帯に自分より上流側に入っているSKBさんの方からもエラ洗いの音。
魚は居る。あとはサイズアップを目指すのみ!


ところが、というかやはり日没後から流れが緩くなり魚の活性も低下。
ベイトも追われている気配がない。

限られた時間、根性で投げ続ける。今日の感じだとチャンスは流れが変わるほんの僅かの”間”…あって一回、
その一瞬の時合いに期待。
過去もそのタイミングで大型を何度か釣っている。

今日はダメかな…。と諦めかけた時、いきなり手元にガツンと衝撃。2、3度頭を振り、流芯へ向け走り出した。
すぐにデカッ!と分かる重量感、トルク。

しかし数秒でフックアウト。。。ポイントGETならず。
原因はフックが小さすぎ。#8フックだと丸呑みか口の外に掛かってくれないと大型は獲れない。

その後の川は沈黙したまま。
川を諦め、満潮をむかえる磯へ移動したがコチラはノーバイト。
電気浮きを使ったスズキ狙いの釣り人が結構いたのでここ最近釣れていたのかも知れない。


バイトが遠いとどうしても我慢できず自然にルアーをサイズダウンしてしまう。
基本、ルアーサイズとフックサイズは比例しているのでフックも小さくなる。

次回はルアーケースから小型ルアーは抜いておこう。あるから使ってしまう。


初心に返り、那珂川は80UPのシーバスもそう珍しくは無いのでやはりデカイルアー、大きめフックで投げたおそう。反省反省。

ジャイアントドッグでもセイゴクラスがきちゃうのは困った。
もっと軽めで大きいトップはないか!?

良い感じのが売っているでは!
20100811020915.jpg
オーシャンサラブレッドのペンシル。16CM、大き過ぎずいいかも。

ついでにホッツのペンシルと
20100811021024.jpg

カプリスの新色も売っていたので1個だけ。
20100811021049.jpg

スポンサーサイト
2010.08.12 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/513-740161fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。