アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
しばらく更新サボってました。。。
その間にも釣りはちょこちょこ行ってましたが・・・ロクな釣果はございません。

今回はいよいよ始まった常磐マサの調査に。
前日も4kgが釣れているのでおのずと期待値UP。

P6271243.jpg
5:00~16:30 常磐沖

今日は梅雨の合間の晴れ。予報では気温も30℃と暑い。
まずは超シャローでキャスティングでヒラマサを狙ってみる。
aoさんは麦わら装着。やっぱ夏は麦わら最高♪風で飛ばされなければ・・・
P6271243.jpg

朝の水温は18.5℃。トビウオも飛んでいるし青物の雰囲気上々。
船長の知り合いのボートは朝一でヒラマサをラインブレイクでバラしたらしい。
皆でトップやペンシルを投げまくる。
しかし時合を逃したのかチェイスも無くノーバイト。

そんな中、一人だけ気を吐く人物が!それはMr根魚、narutoさん!
P6271244.jpg
青物の誘惑に負けず淡々と茶系のロックフィッシュを掛け捲る。
デカムラソイや大型メバルを。メバルも26~29cmと良型揃い。
P6271245.jpg

青物に狙いを絞ってきた自分はあえてバッカンにソフトルアーを入れてこなかった。
でもメバルは釣りたい。。。どうしよ・・。あ、あった!28gのメタジ!
ライトジギングのロッドに1オンスのメタジを付けて。。。無茶苦茶ゴツイ即席メバリングタックルの完成。
キャストしてカーブフォール。メバルはこれでok。大概フォール中に食ってくる。
あとは細かくシャクってストップ。コレも効く。
クンクン!とバイト。釣れる型が尺近いので良い引き。
P6271253.jpg

日も昇って暑くなってきたので船長提案で今季初のシイラ調査に沖出し。
P6271248.jpg

しんのすけさんとアルパーさんの流れモノ探し。ん~夏の風景ですなぁ。
P6271249.jpg

潮目伝いに沖へ。大きな流れ藻や流木があれば最高なんだが浮いてるのはこんな小さいヤツばかり。
P6271246.jpg

自分の好きなシイラルアーはリップスライド。
P6271247.jpg
バーブレスでフロントフック無し。フロントフックはアクションさせると絡みやすいからね。

水深130mラインまで沖にでるとベイトの反応がバッチリ。
P6271250.jpg
皆さんジギング開始!狙うは80m~90mの棚。しかし潮が速く200g弱のジグではラインを150m出しても底が取れないらしい。この深さになるとジギングはキツ~イ筋トレと同じ。

と、いきなり本日のクライマックス!前に乗っているしんのすけさんアルパーさんが巨大な水柱を上げているボイル&鳥山を発見!

船長も『マ、マグロかぁぁぁおぅぅ%#&#!*‘!!!』と超興奮っス。

その方向を見ると真っ黒な物体が凄まじく跳ねている。まるでTVの大間のマグロ状態!

『投げる準備しててっ!』

船長、漁師の目になってる!
内心(え!? む、無理っス。メジ用のペンシルはあるけど・・・PE2号じゃ・・・150しか巻いてないし)
と思った。

船はフルスロットルで鳥山に近づく、近づ・・・く、近・・・・づ・・・く。

ほえ!? イ、イルカ!? うそ~。。正体は20頭ほどのイルカの群れ。
残念!船長もスペシャルガックシ↓↓。

結局沖の方が灘より水温がやや低くペンペンシイラをしんのすけさんが発見したのみ。
すでに5月に一度釣れたらしいがシイラの群れはまだみたい。

再び沿岸に戻り、ジギング。水深3,40m付近の根周りはベイトっ気が皆無。
やはり今、最もヒラマサの可能性が高いのは超シャロー帯のようだ。
シャローに戻れば再びnarutoさんの快進撃。ヒラメまでGET!
P6271251.jpg

しかし肝心のヒラマサからの返事は無い。
一度、ラルスミノーの超早巻きにドスン!とバイトがあったがフッキングせず。

P6271254.jpg
ここで本日ストップフィッシング。
キープサイズの魚を〆る時、ムラソイの棘に指を4箇所ほど刺された。
恐るべしムラソイ。
ムラソイは怖すぎるのでしんのすけさんに〆てもらった。

ヒラマサ以外は要らぬ!と決めていたので我が家への持ち帰りは無し。
次こそは!


スポンサーサイト
2009.06.29 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/443-685c47a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。