アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
今週は初夏の常磐沖へ。

朝方は波が高い予報だったので遅めの7時出船。

那珂川河口は下げ潮と波がぶつかり合って激しいウネリが・・・

昨秋、波を被ってエビ君がライジャケが膨らんだ記憶が蘇る。怖ぇ~マジで。
自分の目線より遥か上に見える波頭。

でも今回は船長の見事な操船技術で被らなくて無事出れた。良かった良かった。

沖ではこんなのや
P5231125.jpg
シャローではこんなのと遊んだ。
ainame.jpg
7:00~17:00 常磐沖 色々と

静岡からBooさん、aoさん、新社会人オデ君、アルパーさん、自分の5人で。
先週まで田植濁りだった涸沼川も緑色の済んだ水に変わっていた。
いいね~新緑。
P5231114.jpg

沿岸は霞がかって初夏の雰囲気。
P5231116.jpg

まずは鯛とイカ狙いで沖のポイントへ。そこには見事な遊漁船団。10隻以上固まっている。
P5231117.jpg
皆さんヤリイカ狙い。

Booさん、aoさんはツノで次々とヤリイカ、ムギイカをGET。
アルパーさんは水深40mでエギング。見事餌木でヤリイカGET。
水槽は寿司屋さんの水槽状態。
P5231122.jpg

生きているイカはホント透き通ってキレイ
P5231118.jpg

自分は鯛ラバーで探るが掛かって来るのはサバやこんなヤツ
P5231121.jpg
サバもコサバではなく〆鯖が作れるサイズになってきた。

しかし肝心のマダイの反応は皆無。根回りにもベイトの反応が出ない。
一応、青いヤツを狙ってジギングも試みたがノーバイト。

船長曰く『今日の海は生命感がないなぁ』


午後は鯛を諦め、浅場へ移動。
ここで奇遇にもnarutoさんが乗っている遊漁船にバッタリ遭遇。頑張って!

浅場でアジの群れを見つけたのでサビキで皆さんのタタキ分を確保。
那珂港の沖堤周辺は底潮が巻き上がっているのか水温が何と12℃!冷たい・・。
もちろんこの冷たさでは小魚の反応はナシ。

少し離れたところでは17℃ある。底潮に冷たい潮が入り込んでいることが分かった。

終盤、青物や根魚が釣れる超浅場へ移動。
こちらは水温18℃。潮目もバッチリ。黄色い尻尾もバッチコーイ状態。
ソフトルアーを投げれば一帯でアイナメやムラソイが釣れる。
ainame.jpg
ロックフィッシュ好きにはオススメ!朝から専門で狙えばかなり釣れる。
(成長が遅い根魚、食べない分はなるべくC&Rでお願いします)


沖ではトビウオが飛んでいたし、ベイトとなる小イカも居る。
もう少しすれば水温も20℃を越えシイラもやってくるだろう。
オデ君も完璧にキャスティングタックルを揃えていたし今回ミヨシでデカポッパーのキャスティング練習もしていた。
シーズン入ったら是非行きましょう!

イカはホイル焼きで晩酌の肴に。美味いねぇ。
P5241128.jpg


一日通してみてなんと言うか・・・『今日の海は生命感がないなぁ』が当てはまる状況だった。
川で言う『魚っ気』が無い時と同じ。
水産試験場のHPを見れば一目瞭然だが水温が烈しく乱高下しているのが原因だろう。
2日間で一気に3℃近く下がったりしている。
夏の用意は出来ている!早く安定して欲しいね。




スポンサーサイト
2009.05.25 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/439-bd5ea424
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。