アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
久しぶりの更新。
天気は晴れながら気温ひと桁の寒い土曜、釣り場に春が近づいているのか調査に。

河口付近のセイゴ、小フッコではなく、無謀にも中流域の戻りシーバスを探しに。
過去釣れたことはあるがここ数日の冷え込みで相当厳しい状況のはず・・・。
潮周りも夕刻~は下げ止りとなるイマイチパターン。
ま、ダメなら春告魚の調査に切り替えればいいか。。。

P2210811.jpg
18:30~19:30 那珂川中流
相変わらず河口は釣り人多し。ココはスルーし中流域へ。
まだ18:30なのにキーンと冷え込む。もう無理。指、シビレル~
川は下げが程よく効いているが干潮間際とあって水位がかなり低い。いつもより1m程水面が低い感じ。
約1時間の間の間にセイゴの跳ねを2,3回確認したのみ。少ないながら上がってはいる。
振っている間に見る見る水位は下がり岸際は完全に露出。
P2210809.jpg
ノーバイト。釣れる気がせん。同行のアルパーさんもノーバイト。

涸沼川で振っていたaoさんと合流。今日はベタ凪なので磯場にメバル調査へ向かうことに。


20:30~21:30 磯場

潮的には下げから上げに変わった辺り。
ポイントに着いてビックリ。想像以上に潮が引いている。
完全に海藻帯や沈み根が露出。ルアーロスト警報発令だ。
メバル用のタックルボックスをポケットにねじ込みできるだけ先端付近まで進む。
P2220814.jpg

まずは大型を狙いたいので変な色のワンダー80を投げる。
P2220813.jpg

すると10投目位でいきなりゴゴン!とバイト!
「ツレネ~」と油断MAXだった為、速攻でバラシ・・・。
それ以降、二度とアタリは来なかった。反省。
同行のaoさんはハードルアーのみで磯場を攻めまくっていたが今日は地球の活性が高かった様子。

やっぱり根魚は干潮時は厳しいね。週末アングラーは潮選べんし・・仕方ない。
寒さと某図に耐えれず本日は撤収。
川で振っているあろうkouyagoさんへTELしてみる。
わ:『調子、どうですか?もしかして浸かってますか?』
ko:『浸かってますよ~!潮が変わるまで粘りますヨ!!!』
わ:『・・・。お先に失礼しま~す』

マ、マジっすか!? 多分水温5℃位ですよ。何時間も浸かっていれるなんて・・・。
足、凍傷になりませんか? 風邪ひきませんか? 釣れますか?

よく釣る人は「釣れるまで諦めない人」ということですな。


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
スポンサーサイト
2009.02.23 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/414-96f9b945
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。