アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
さあ今週もやってきました! 何が? 
何がって。。。それはリーマンの至福のひととき 週末です!

世間はWカップ一色で盛り上がってますね~

残念ながら日本はオーストラリアとの初戦を落としてしまいましたが・・。

その鬱憤を釣りでスッキリさせます(させたい!)

1点目 開始わずか10分

FKからズドーン!! 

シーバス! 

IMG_2669.jpg


2点目 後半15分

ごみディフェンダーをかわして

ズドーン!!


マゴチ! 

IMG_2671.jpg


おしくもハットトリックはなりませんでしたが上出来!上出来!

この釣果はすべて同行のアルパーさん。私じゃありません。はい。

私には神が降りたようだ。ズーボー神が。。。


午前1:30~3:30 涸沼川中流部
本日夕方まで降り続いた大雨の影響で那珂川は諦め少しでも可能性がある涸沼川中流部へ賭ける。

涸沼川到着。唖然・・・。(゚д゚)

”ゴォー””バキバキ””ガサガサ”すさまじい勢いでゴミの塊が流れてる。3Mもある大木が、5Mもある竹の束が、畳6帖ほどの草の塊が。実に様々なゴミが物凄い勢いで流れている。
釣り人は見当たらない。無理もない。このゴミを見たらどん引きだろう。
何とかゴミの合間、比較的ゴミが少ないヨレを狙う事とする。
私は上流側を、アルパーさんは下流側を攻める。
時折川の中心部でボイルはある。魚はいる。

しかし凄まじい勢いで流れるゴミにルアーをシンクロさせて流す事は神業であり流芯部へキャストすることは今の弱気な私には不可能である。ゴミが比較的少ないヨレ部分をTKLMで探る。カラーは目立つパール系を選択。

しばらく探るが反応はない。ここのヨレでは魚の気配もボイルもない。

休憩がてらアルパーさんの様子を見に行くとすでに一本ゲットとのこと。
IMG_2669.jpg

50cm台のフッコである。この状況で釣るとは!

どシャロー部の流れのヨレで喰ってきたらしい。アクションはジャーク。
どうやら下流部のヨレには魚がいるようだ。波紋もでるしボイルもある。
ポイントを譲ってもらい私もキャスト。ルアーはアスリート9S。
時折ジャークを入れダートさせる。

ここのポイントは捨石、古い杭が乱立し根掛りしやすい。
今日は洪水気味なので杭は完全に水没し見えない。慎重にストラクチャー付近をダウンクロスで流すがバイトは無い。

数投目”ガッ”という手応え。ロッドをあおる。 ”・・・。”動かない。
見事地球を釣ってしまった。もちろんルアーは帰ってこない。
しかし気落ちしている暇はない。
すぐさまレンジバイブをセットし今度は強気に流芯部を攻める。

やがて数投目。ルアーが手前のかけ上がりに差し掛かったとき

”ガッ”という手応え。
ロッドをあおる。 ”・・・。”動かない。
また地球を釣ってしまった。当然ルアーは帰ってこない。

立て続けに一軍ルアーをLOSTして気落ちしない筈はない。かなり凹む。

もう東側の空は白んできた。時刻は3:30。
朝マズメ狙いのルアーマンも何人か登場。
シーバスも捨てがたいが朝の砂物をチャレンジしたいので場所を移動し仮眠する。

午前7:00~10:00 ひたち方面
大洗・那珂湊近辺は川の影響で釣りにならないだろうから一気に北上する。

場所はひたち方面。

海の様子を見る。なんと10数㌔那珂川より離れたここまで大量のゴミ、流木が漂流してきている。潮目は流木だらけ。浜もこんな感じ。
IMG_2675.jpg

何とかゴミのとゴミの間を狙えそうである。
釣り人は結構な人数が入っている。投げ師、クロ師、ルアーマン様々である。
始めはミノーで探ったが反応なし。ソフトルアーへチェンジ。
隣で釣っているアルパーさんもAXヘッドにチェンジしている。するとすぐにアルパーさんのロッドが弧を描き魚を浜にずり上げる。

おー見事なマゴチだ。漂流ゴミ溜まりの下にいたらしい。
IMG_2671.jpg

54cm。でっぷりとして重い。やったね!今晩の刺身確定。

その直後、我々後から来てすぐそばでキャストしていたおじさんのロッドが曲がる。
今度はヒラメだ。40UPである。
おじさん曰く「釣れると思わなかった」嬉しそうである。
本当に釣れると思っていなかったらしくヒラメは〆ることもせずにスーパーの袋に入れ放置。仕掛けはカーリーテールのダウンショットだった。
IMG_2674.jpg

もう潮時は終了だ。私にはバイトもなかった。ボーズ神のご利益。。。

諦め半分でワームを早引きすると背中が真っ青な25cm程の魚が追っかけ来た。 

青物か!? 

ジグにチェンジし早引きする。やはり追ってくる。
今度は正体が分かった。胸鰭が見事なトビウオである。
その後も果敢にルアーを目の前まで追ってくるが食いつかない。

日もだいぶ高くなってきた。腹も減った。休憩。
IMG_2672.jpg


11:00~15:00 大洗磯で休憩
ここの公園?は水道、トイレもあり重宝させてもらっている。一度ロッド、リール、ルアー、ウェーダーを水洗いし乾く間は仮眠。
IMG_2673.jpg

想像通り那珂川は洪水状態、大洗も激濁り&大量ゴミ。

16:00~19:30 再度ひたち方面
再び釣果が期待できる”ひたち方面”へ戻り夕方の砂物狙い。何とかヒラメを釣って白身3点の刺身が食べたいのだ。

ポイントには今朝ヒラメをゲットしたおじさんがまた来ていた。
我々と一緒で夕方狙いできたらしい。

私には一度”ゴツゴツッ”ときて”グゥ~”ともっていくヒラメらしきアタリがあったがすっぽ抜け。残念。
根掛り対策でシングルフックのジグヘッドを使っていたためだろう。
ソルトルアーを始めた当初、AXヘッドなどがまだ無い頃にメインで使っていたジグヘッドである。今思えばあの頃も良くすっぽ抜けたし、バラシも多かった。

次回は私にボーズ神が降臨しないことを願う。

アルパーさんがシーバスとマゴチをゲットしてくれたおかげで刺身とムニエルにはありつける。日曜の晩はムニエルをおかずにクロアチア戦を応援しよう。
PS:マゴチはその日のうちに刺身、にぎり寿司にしてアルパーさんと食したが超旨かった。
IMG_2676.jpg

スポンサーサイト
2006.06.18 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/41-875abaa0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。