アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
某船宿のHPを見ていると

ナぁニぃ~!?

沖にブリの大群が来た!? それにワラサ・イナダ混じりで 爆↑爆↑ ???

何だと? 「キャスティングタックルを持って来い」 だと・・・。

という事はブリトップで出るっつうことか!

イワシを追っかけてブリがドッカンドッカン跳ねてるのか?

今、12月ですよ。12月に日立沖に青物の群れが廻ってくるなんて・・・温暖化の影響ですかね。

それはさて置き、こりゃあ、行くしかないべ!

来年まで出番が無いと思い仕舞いこんだシイラタックルを引っ張り出すか。

頼みます!土曜まで居てくれ~! いや、居てください。
あ、今回タングステン鯛ラバーの100gを初めて買ってみました。
実際100gを手にしてみると結構な重量感です。
PC100616.jpg
果してヘビーだと効率良く探れるものなのか今季実験してみたいと思います。


<追記>
kouyagoさん、この前、私がシーバスを釣ったパターンです。

①ワンダー(ホロ)→1本目GET
②ワンダー(白)→ノーバイト
③レイジー→ノーバイト
④ヨレヨレ→ノーバイト

①、③、④の順で当日のヒットレンジを調べました。
でもって②で一応、色違いでの反応チェックです。

そして①に戻し、3本GETです。これでその日はワンダー(ホロ)が当りと確信です。
不思議と白には全く食ってきませんでした^^

その後、より大きいのを狙って
⑤アスリート
⑥ZBL90シンキング
⑦バイブで念の為ボトム付近を探って完了です。

①~④もリトリーブスピードを変えながら微妙なレンジ調査をしますのでコレだけでも結構時間を要します。。
あまり調査に拘るとせっかくの時合が終わっちゃうのでホドホドにしてますが。。

あとはリール(ハンドル)に全神経を集中です。真っ暗闇でティップみても無意味ですから。
特にヒットした時のリトリーブスピードとルアーの抵抗感を股間に記憶させて再現するように心掛けています。



それと本当は秘密にしておきたかったのですが・・・達人から聞いた裏ワザを。

それは、 『ガルプ汁』 をルアー、フック、ライン、リーダーにスプレーで満遍なくぶっ掛けます。
超臭いですが効くそうです。
ルアーはできれば2週間は漬物のようにガルプ汁に漬け込んだ方が効果あるとか。。。

私はヤリマセンが興味あるかたは自己責任でお試しください。
スポンサーサイト
2008.12.10 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/391-387726b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。