アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
12月、一発目の釣行。
今週は寒くなり、ルアーマンも減っただろう。という事で「陸っぱりシーバス」を。

昼間は暖かいのだがさすが茨城、夜はキンキンに冷えるね。

とりあえず磯場チェックからスタート。

はたしてシーバスは釣れるのだろうか?

PC060594.jpg
磯はどうかね?

PC060582.jpg
は、烈し~!ていうか「無理!」。このウネリ、ヤバ過ぎ。確実に飲み込まれる。。

ならば河口は?
PC060584.jpg
お~っ!相変わらず、人が多いね。

ん!? ありゃ? もしかして kouyagoさん ? こんな明るい時間から振っている・・・。すげぇ。
PC060583.jpg
川原まで降りていき、ご挨拶。友人と振っておられた。
「頑張ってください!後ほど合流しましょう。」と告げ、私とアルパーさんは別の場所へ。

16:00~17:30 また磯

ギリで振れるか?という感じの磯場を見つけたのでチョイ振り。
PC060585.jpg
干潮と重なり水位はかなり厳しい。水色は思いっきり砂濁り。。。
とりあえずR50-SSRで探る。
PC060586.jpg
ん~ん。反応なし。ウネリも強烈~。
念のため仕上げに、バイブを投げてみる。
PC060589.jpg
レンジバイブの90S。磯で探るにはちょうど良い沈下スピードなのだが残念ながら廃盤だ。
結局、バイブでも反応なし。

ヤバイ。坊主臭が漂ってきたぞ。師走一発目からズーボーはカンベンして欲しい。


18:30~20:00 那珂川

河口は人が多いのでパス。結構、上流へエントリー。
潮は上げ。一時的に活性があがるなら上げだろう。
今時期、この辺にシーバスが居るのか自信は無い。もちろん今まで12月にココで釣れた実績もない。
しかし、何事もやってみなきゃ分からん!と入水。 うは、足、冷たっ!
開始早々、アルパーさんの方向からバシャバシャとエラ洗い音。「居るじゃん!」

やる気↑↑ すると私にも”ズンッ!”とキター。

凄まじい重さだ。 PEが糸鳴りする。

ドラグを締め直し一気に、且つ慎重に寄せる。

オレが休むとヤツも休む。(誰かがDVDで言っていたっけ)

見えた! ヤツをワシ掴みし、川原にズリ上げる。





PC060590.jpg

体長4m、重さ15kg。 


何で流芯に竹があるんだ?
まぁいい。コレで障害物は無くなった。あとはシーバスを釣るだけだ。



”ゴンッ!” 今度は竹じゃねぇぞ。
PC060594.jpg
50UPのフッコ。12月なら上出来、上出来。
PC060592.jpg

さすが12月。バイトは弱い。シンペンヘロヘロ流しが今日のパターン。
その後もコンスタントに、
PC060596.jpg

”モゾ”って感じも、聞き合わせで。
PC060598.jpg

どうも定期的に回遊している感じだ。
PC060601.jpg

アルパーさんもフッコを。こちらはタイスリで。
PC060604.jpg

時々セイゴサイズも混じりだした。
PC060605.jpg

冬場にしては結構楽しめた。
PC060606.jpg


23:00~24:00 那珂川下流

一旦、陸に上がり缶コーヒーで休憩。
Kouyagoさんへ電話し合流。一緒に振ることに。

いや~マスマス冷える。足の指がジンジンする。
kouyagoさんもやはり寒さの限界だったようだ。 撤収。

結局、この場所ではセイゴを2匹追加。このポイントにフッコは不在だった。


<本日の釣果>
フッコ・・・4本
セイゴ・・・4匹  計8匹


次は戻りの大型を釣りたい!
スポンサーサイト
2008.12.08 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/390-eca4f59a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。