アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
ついに今週末から関東も入梅。その影響で金曜は朝から雨。
仕事で横浜方面に行っていたが”ザーザー降り”でスーツもずぶ濡れである。
しかし午後からは雨も止み、土曜は晴れると天気予報が言っている。
自然とテンションも高くなる。頭の中は釣りモード全開!
今週も釣りに行くとするか~!
これだけ雨が降ればきっと川は増水し濁り&ゴミがひどいだろう。
しかも海は大荒れ(波・ウネリ4Mとか)ときた。八方塞である。

まぁ行けば何とかなるか。。。(何ともなりませんけど)
釣りも仕事もポジティブさが肝心!

今週は”岸釣り専科”に釣果投稿してくださる”フォレスト”さんと朝マヅメに待合せ、同行フィッシングの約束である。

それまで夜中は那珂川でシーバスを狙ってみるとするか・・・。

午前1:00~3:30 那珂川中流
ポイント到着。どれどれ川の様子は・・・!! やはり濁り&増水中
普段歩ける護岸が水没!やはり満潮時刻とも重なり水位は高い。
幸いな事に風は弱い。(このところ暴風の中の釣りだったので嬉しい)
雨後、増水、大潮、晴れ。こんな状況は年に何回も無いだろう。
これも今後の為のデータになるはず。
いつものポイントでウェーディング開始。満潮からの下げで普段であればベストタイムであるが水面にシーバスの気配は無い。
増水の影響で畳2帖程もある木や草のかたまりが流れてきてその度にキャストを中断、流れ去るのを待つ。非常に釣りづらい。
時折、角材なんかも流れてくる。
あんなのにラインを引っ掛けたらルアーロスト確実である。
バイトもライズもなく淡々と時間が経過。午前3時であるが東側の空はすでに明るくなりつつある。もうじき夜明けだ。
ちょっとのつもりが長居してしまった。フォレストさんとの待合せ場所へ移動する。


4:30~7:30 那珂川河口
フォレストさんとは初対面。駐車場で合流する。やはり色々な人と知り合うのは楽しい。
フォレストさん、アルパーさん、私の3人で実釣開始。
すでに河口にはアングラーが何人も入っている。
IMG_2606.jpg

我々はまだ人が入っていない”簡保下”を攻めてみるが水面は一面ゴミだらけ。1キャスト毎にルアーにゴミが引っ掛り釣りにならない。
ここを諦め河口サーフへ移る。河口部は比較的ゴミは少ないが水はコーヒー色に濁っている。マゴ・ヒラの砂物狙いには非常に厳しい状況。他のアングラーにも釣れている様子はない。なぜなら皆、空のストリンガーがベストにぶら下がったままだからだ。
4,5人に「釣れますしたか?」と聞かれ「ダメですねぇ」と答える。皆さん遠くから来ているようだ。
ネットで”那珂川河口でマゴチ・ヒラメが釣れてる”と情報を得たらしい。
ミノー→ソフトルアーをキャストし続けたが反応なし。陽も高くなってきた。
時計を見るとまだ7:00。普段の感覚だと9:00位の陽の高さ。いつも思うのだが海は太陽の明るさが違う気がする。ぼちぼち他のアングラーも帰りだした。夏のように暑い。我々も一旦撤収する。残念ながらマゴヒラは釣れなかった。

画像はサーフで頑張る”フォレストさん”
IMG_2607.jpg
お疲れ様でした!またご一緒しましょう!!

河口でさわやかな老夫婦を見かけた。
IMG_2608.jpg
将来はこういうのも良いですね。。。

さすがに寝ていないので睡魔が襲ってくる。頭もボーっとする。
今なら布団と枕があれば5秒で眠れる自信がアル。
昼までは大洗磯の駐車場で仮眠&休憩。
ここで出会ったアングラーも朝方は河口サーフにいたとか。
皆さん仲良くズーボーのようで。


13:00~16:00 東海サーフ
河口がダメならサーフで砂物を狙ってみよう!!という事で昨年もマゴチやヒラメを釣った某サーフへ。ここもアングラーで一杯である。駐車場もほぼ満車。岩ガキ採り、エサ釣り、子供をつれての浜遊び、ルアーマンetc。
IMG_2610.jpg

内湾サーフなので比較的波も穏やかである。しかしソフトルアーで探るも魚からの反応は無い。
IMG_2611.jpg
穴釣りをしていた人には小型のアイナメが釣れていた。

浜にはアサガオに似た花が辺り一面に咲いている
IMG_2609.jpg
なんというだろう???

磯崎港周辺も見たが相変わらず外海は大荒れ
IMG_2612.jpg


19:00~22:30 涸沼川中流部
もうヤケクソと執念と根性を掛け算した気分で最後のポイント”涸沼川”へ。那珂川本流が濁りがひどいのでシーバスも涸沼川に入ってきているという仮説である。先週までの涸沼川下流部は状況が良くないので中流部のメジャーポイントを攻めてみることに。
IMG_2615.jpg

到着した時はちょうど潮止まり、今下げ始まったところである。水面にはコイ科の魚のライズ多数。魚っ気がありなかなかの雰囲気である。キャストしていると対岸側でシーバスのライズ音が聞こえだした。どうやら対岸側にシーバスがいる様子。
対岸側に移動する。すると明らかにシーバスと分かる捕食音が流れのヨレ付近で起きる。
久しぶりにシーバスの気配がプンプンする。
TKLM~ワンダー~サスケ95~ローリングベイトとチェンジしながら探る。
しかし、何故かルアーに反応しない。一度TKLMの真後ろで水柱が上がったがフッキングに至らず。アルパーさんの方も同じ状況の様子。
涸沼本湖では良くある事だがボイルしまくりなのにベイトが豊富すぎて中々ルアーに食いつかない。それと似ている。
もしかするとエビパターンだったかもしれない。エビを食っている時はルアーで釣る事は難しい。
試行錯誤して様々試したが結局掛けることができないまま一時間ほどで水面は沈静化してしまった。捕食音からして40cmクラスが大半であるがまれに60cmクラスも混じっている群れの様子。パターンが掴めれば間違いなく爆釣できたはずだ。悔しい!超悔しい!

またシーバスにふられてしまった。
スポンサーサイト
2006.06.11 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/39-9f51d59c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。