アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
・・・厳しい修行だった。
遠くを見つめながら思いに浸る。


前日の夕方船長に電話すると
『青物、全っ然ダメです。今日は船中イナダが○本でした~
木曜に18.8℃あった水温が17.5℃になっちゃって・・・タコか根魚が安全牌ですかねぇ。。』

まさに”やっちまったなぁ”の状況。。

PB230539.jpg
今回はBooさん、アルパーさん、narutoさん、aoさん、kouyagoさん
kouyagoさんは2回目の沖挑戦。


6:00~15:30 日立沖&超浅場
さすがに11月も下旬になると茨城の朝は冷えますなぁ。
aoさんは超久しぶりの沖。
海況はべたべたの凪ぎ。那珂川河口を出るとすでに遊漁船の船団ができている。
タコベイトでのイナダ狙いだ。磯周りにはタコ狙いの船団も。
船長が『イナダ、遊んできますか?』
皆さん『NO!』の表情。狙いはワラサなのだ。

水温は期待を裏切らず17.5℃のまま。
水深40mの沖へ来たが魚探には反応皆無。
とりあえずしゃくる!しゃくる!
今回、初めて使うCBの雷牙100g。
PB230542.jpg
こういう自分にとって新しいジグを使ってみるのも楽しいのだ。
なるほど。謳い文句通り、グイっとしゃくるとヒラヒラ沈む。来シーズン使おう。

この辺はキビナゴがベイトらしいのでマサムネを。
PB230543.jpg
やっぱ厳しいねぇ。ポツポツとしかイナダが来ねぇ。

結局、自分もイナダを掛けたのは安ジグラだった。
PB230539.jpg
(kouyagoさん、モデルありがとうございます^^)
イナダも丸々太っているのだがワラサが狙い。
船長も色々なポイントを流してくれるがワラサはBooさんの1バイトのみ。

こうなったらラバーマンになるか。。
鯛ラバーでマダイを狙う!がこちらも行方不明。唯一、narutoさんがマゾイGET!
PB230544.jpg

あ~メシだ!飯!
PB230545.jpg
冬はコレだな。カップラーメン。水筒にお湯を用意してきたのだ。
沖で温かい食い物はええのう。次回も持ってこよう。
凪ぎの日じゃないと唇を火傷しそうなのが気がかりだが。

終盤は超浅場でロックフィッシュ狙い。
水深8mだと底まで透け透け。
PB230546.jpg
これほどの澄み具合じゃ青物は難しいね。

10gのタングステンシンカーにグラスミノーMのリグで何とかヒラメGET!
水深14m程度なら十分コレで底を取れる。たいしたもんだよ、タングステンは。

午後からはマズメの時間帯にも関わらず風が強くなり、沖上がり。
もう1回、12月に青物来ないかなぁ。。
来なけりゃ、ヒラメとマダイが釣り物か。
ヒラメ専門でジギングは成立するのだろうか?
活きイワシには勝てないだろうが疑似餌で狙えるならやってみたい釣りではある。


kouyagoさん、お見事船酔いを克服されたようで。
今回のタコベイトも良い方法だと思いました。
何事も挑戦ですね。
常磐沖の鯛ラバーだってココ最近始まったばかりの釣りですから。
また行きましょう!次はヒラメで^^





スポンサーサイト
2008.11.24 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/386-fa90c0e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。