アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
※8/23 一部追記しました(-_-;)

最近、陸っぱりからオフショアに興味が移行しつつあるアングラーさんがいらっしゃるようです。

自分も基本、陸っぱりですが”たま~に”沖も楽しんでいる両刀使いアングラーです。

オフショアの魅力?
それは船で”ちょっと”沖へ出るだけで陸からでは難しい大きな魚や美味しい魚を狙えるのが魅力ですね。
もちろん沖に出たからといって毎回釣れるとは限りませんしボーズもアリアリです。

今回、『どんなタックルを用意すればいいですか?』的なご質問をいただきましたので大雑把ですがまとめてみました。

オフショアゲームも敷居は決して高くありません。
中にはイッちゃっていらっしゃるコアなアングラーさんもいらっしゃいますがw

興味がある方は↓↓
ライトジギングをやってみたいけど・・・どんなタックルを用意すればいいの??


①ロッド
これが無ければ始まりませんが、これはシーバスロッドと一緒でピンきりです。
汎用品~マニアック品まで様々です。
大きく分けて、

・ジギング用
・キャスティング用

最終的には2タックル欲しくなりますがとりあえず「始め」はジギング用をオススメします。
1本あればイナダ~ワラサ・マサまで遊べますので^^
あとはお財布の中身、好きなメーカーetcで選択してください。

今だと入門編にはメジャークラフトとかお手ごろ価格だと思います。
(シーバスロッドより安いかも?)
Daiwaだとキャタリナシリーズも割りと買いやすい価格帯だと思います。
但し、残念ながらジギングロッドを店頭に豊富に置いてあるショップが少ないので色々なメーカーの現品を触ることは難しいと思います。

メジャークラフト オフブロー ジギング OB-S58/3


自分はジギングロッドはダイコー製とがまかつのジグワンを愛用しています。
がまかつ(Gamakatsu) ラグゼオーシャンJIG-ONE 673S


こういったモノもオススメです → 『MC works'』  ポリタンク持ち上げちゃってます(;O;)

参考までにキャスティング用もメジャクラが安いですね~
キャスティング用はナブラ撃ちやシイラ、鰹、メジなんかを狙う時に使います。
自分はufmウエダのドルフィンスティック <ボロン>というロッドを愛用中です。
ドルフィン~はお財布には優しくありませんがパワーがあり良いロッドだと思います。
メジャークラフト オフブロー キャスティング OB-70L


②リール
これもさすがにライトジギングとはいえ、シーバス用ではチョコット難がありますので”専用”が必要です。
これまたロッドと同様、グレード別に価格はピンきりです。
シマノだと8000番、ダイワだと4000~4500番クラスです。
ショアジギングをやっている方なら転用できます。
「ナビ」、「バイオマスター」や「フリームスJ」辺りがお手頃の価格ですかね。
もちろん、予算が許す限り上位機種の購入をお奨めしますが・・・。
自分はシマノ社のツンパを愛用してます。
フラッグシップと言われるソルティガzとかステラSWとか・・・最高っすよw 欲し~~

ダイワ(Daiwa) キャタリナ 4500


ダイワ(Daiwa) ソルティガZ 4500H(ハイギアタイプ)

あれば便利な「替えスプール」を持つのも一つの手です。例えばPEの4号を巻いておくとか、キャスティング用にPE2号を巻いておくとか・・・。

③ライン
”ライト”ですから基本はPEの3号で十分です。
最低200m以上は巻いておきましょう。
ジギングにはラインの色で水深が把握できる”色分け”してあるもので。

YGKよつあみ ガリス ウルトラジグマンX8 200m 3号/47lb 5色分け


ダイワ(Daiwa) ソルティガセンサー 50lb/200m


④ショックリーダー
ライトジギングですので50lb~80lb程度があれば良いと思います。
フロロorナイロンがあります自分の好みで。
ノットはFGやPRが船上でできるように自宅でシコシコ練習しませう。
まさか、いないと思いますが電車ノットじゃダメですよ(>_<)

摩擦系ノットはナイロンがやり易いです。
<参考>
PRノット動画※音声あり!職場注意!
FGノットの結び方

ダイワ(Daiwa) ソルティガ・ショックリーダー タイプN 60lb. クリアー


サンライン(SUNLINE) ソルトウォータースペシャルシステムショックリーダー 60LB ナチュラルクリア


モーリス(MORRIS) バリバス ショックリーダー 80lb/22号 ミストグレー



⑤接続金具
ジギングには基本的にシーバス狙いに使うようなスナップは使いません。
溶接(ソリッド)リング+スプリットリングの組合せです。
溶接リングにアシストフック、スプリットにジグをセットします。
スナップは元気な魚がヒットするとジグの重み、衝撃で開いてしまい、ジグが無くなります。
高~いジグをヒットの度に失くしていてはシャレになりませんからね。(経験談)

オーナー針 ソリッドリング P-14 5.0号


アシスト工房 非溶接リング M ニッケル


スイべルと溶接リングがセットになったものも市販されています。
バレーヒル(ValleyHill) BB岸壁スイベル


一応、スナップタイプもあります。
バレーヒル(ValleyHill) BB キャスティングスイベル #3/80lb


⑥アシストフック

青物狙いのジギングの場合、一般的にトレブルフックではなくフロントにアシストフックが基本です。
自分で巻くこともできますが面倒な場合は市販品で良いものがあります。
大きさはジグの大きさやターゲットに合わせてバランスが良いものを。
アシスト工房 職人アシストフック・職人ブリヒラマサ L シルバー



⑦ジグ
ジグですがコレもルアー同様にたくさんの種類があり迷いますね。
収集癖がある方は要々注意ですw 始めはロッドのジグ負荷にあった範囲の物を。
一個数百円のもからン千円の物まで様々です。所詮、消耗品ということをお忘れなく。
ロッド同様にこの辺のショップでは品揃えが乏しいのでネットオークションを活用してみてください。

種類的には大きく分けて3タイプです。
・フロント重心
・センターバランス
・リア重心

参考としては
フロント→スキルジグ
センター→マサムネ、CB
リア→バタフライ、P-BOY、近海仕事人

更に掛け算的に左右非対称や表裏非対称などがあります。

『色』ですが好みでイッちゃってください。基本的にはピンクホロ♢ブルーホロ♢です。
オプションでゴールド系、グロー系を。


タイプによって動かし方や引き重り感も違いますがこれは自分で体感するしかありませんね。
シーバスのルアーと一緒で「信じれる=お気に入り」のジグを使い続ける、使い続けられることが最も重要です。
釣れないジグはありません! 多分・・・。
常磐沖辺りでは3~4ozが基本だと思いますが潮がかっ飛んでいる時は5oz以上のジグを使う場合もあります。

⑧小物類

手の保護の意味も含めてグローブを着用しましょう。
ダイワ(Daiwa) AQG-8111 アクオリア・メッシュジギンググローブ L スモークグレー


ジグの交換や魚からフックを外す場合の必需品ですね。
エバーグリーン(EVERGREEN) EG スーパープライヤー


日中の釣りですので偏光グラスがあると快適です。
Wizard(ウィザード) フライハイ サングラス ブラック


道具類はバッカンに一まとめにします。
塩水を被りますのでフタ付きのもので。
ダイワ(Daiwa) PVハードバッカン FH-CM(B) FH40CM ブラック


他にはレインコート、季節によっては防寒着等が必要ですが普段陸っぱりをされている方なら持っているでしょう。

こうやってみるとすこぶるシンプルですね~
まぁ、これらの道具の横幅が広くなると道具もてんこ盛りになる訳でw

疲れてきたので今回はこの辺で。
少しでも参考になればと思い独断と偏見でまとめてみました。


スポンサーサイト
2008.08.23 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/338-25b0e042
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。