アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
今日はOKさんからのお誘いでオフショアへ。
メンバーはOKさん、Booさん、しんのすけさん、アルパーさん。

お題目の『LST』とはライト・シーバス・タックルの略。
つまり一般的なライトシーバスタックルでオフショアで遊ぼう!というテーマ。
南国でGTを狙うわけじゃないのでシーバスタックルで十分遊べる。

当日の天気は予報通り、風なし、晴れ、凪ぎ、絶好の釣り日和。
P6280017.jpg


予告の”ヒラ”が付く魚はというと・・・
バッチリ!
P6280034.jpg
注)釣ったのはしんのすけさんですが。
6:30~17:00 常磐沖etc
海の上もベッタベタの凪ぎ。こんな日は常磐ではめずらしい。
P6280029.jpg


まずは超浅場のロックフィッシュ狙い。
水深は3~8mなので底まで透け透けの丸見え。
4intのソフトルアーのテキサスリグで探る。もちろんシーバスタックル。
誘いを入れながら探るとすぐに”ガツガツッ”とバイト。一呼吸置いて合わせると
P6280018.jpg
まずまずのサイズのムラソイ。25cm位。
前回(6/14)に不在だった大型黒メバルも今週はしっかり接岸していた。
P6280019.jpg

デカメバルの群れはいつみても面白い。数匹でルアーにアタックしてくる様子が丸見え。
ムラソイの35cmオーバーもGet!
ワームは『カサゴ職人』?だった気がする。オレにとっては『ソイ職人』
P6280020.jpg

油断するとコイツ等↓↓↓がワームを食い散らかす。
P6280021.jpg
かなり高度な技術がないとデカイフックでこのようなフッキングは難しいw
と、その時少し離れた所にいた遊漁船がこっちに近づいてきた。
そして黒メバルポイントへビタ止め、水深3mなのに50号錘をドボ~ン!
それでも初心なメバル君はエビ餌の魅力には勝てず次々釣り上げられていく。
そして去っていった。もはや漁だな。あれは。
ポイントは潰れ黒メバルはすっかり姿を消してしまった。

我々も沖へ移動。水温18℃。もしかすると青物の可能性。
水深60mライン。すかさず魚探にベイトの反応あり。
ここは深いので70gのジグを投入。2シャクリで”グングン”とヒット。正体は
P6280024.jpg
サバ。
ま、魚種でどうであれジギングは楽しい。
P6280023.jpg
食う分だけサバキープ。丸っとして美味そうだ。
沖は水色も黒潮色でトビウオも飛んでおり夏の気配プンプン。

ちょうど潮目の上なので流れ藻も浮いておりお遊びでTOPを投げてみる。
ドラペンの14cmのヤツ。
P6280027.jpg
23℃あれば間違いなくシイラがいるのだが
P6280026.jpg
今季初のシイラ狙いはボーズw(当たり前か)
ここではサバを追加しサメウォッチングし再び浅場へ戻ることに。

マダイが居るポイントだ。
マダイもシーバスタックルで十分。鯛ラバー装着。
すぐにマダイ特有の”ガツッ・・ガツガツ”っとバイトがある。決して合わせちゃいけません。
P6280028.jpg
マダイGet!x4枚

その後、マダイの反応もイマイチなのでポイント移動。
常陸那珂港周りで本日のラスト、晩酌用のアジを狙う。
1個しか持ってきてない貴重なサビキにジグのギャロップ30gを錘代わりにセット。
船長の『根掛り注意』の声が聞こえたと同時に見事根掛りw
貴重なサビキとギャロップを失った。。。

サビキが無くなったのでジグでシーバスでも狙ってみることに。
ジグはアピア・青龍の20g。惚れ惚れするカラーだ。
キャスティングで堤防際を探る。
一投目からフォール中のラインが止る!合わせると”グングン”と生命反応。カラス貝ではない。
P6280030.jpg
40UPのアイナメだ。
へへへやっぱりシーバスタックルでジグのキャスティングは楽しいな~♪
ロッドは気持ちイイ曲がりをするし。

続いてジャーク中のジグに”ガッツーン!!!”と強烈なバイト!
時折、ドラグからラインが出される。何だ??エラ洗いしないし・・・シーバスじゃ無さそうだが結構な重量感。
船べりまで寄せてみると”黒い魚”。正体はでっかいアイナメだった。
P6280031.jpg
丸っと太ってイイ魚体。
P6280032.jpg
残念!50cm無かった。
『悔しいですっっ!!』

そっとリリース。50cm超えたらまた掛かってくれ。
そのころBooさん達は着々とアジを追釣。しかしサイズがイマイチの様子。
日も傾き、ストップフィッシング。
P6280033.jpg

皆さん、かなりリリースしたが食材としては十分な漁?だった。
ヒラメにマダイ、メバル、ソイ、サバ、アジ、高級食材だね。
帰宅後、早速アルパーさんとマダイとメバルを刺身で食ってみたが甘みがあり美味かった。

そして日曜の晩、キープしたサバを食す!
船上で〆た最高の魚。
今回は市販の「唐揚げのもと」をまぶし、ゴマ油でフライパンで焼いてみた。
P6290036.jpg

いやいや、これまた美味いね~♪サバ最高っす!
サバの刺身は根性&勇気がなく次回に持ち越し。

今回、ビンビン玉を初めてロスト、ギャロップもロスト。久しぶりに地球を釣った。
高活性の地球は一旦ルアーに食いつくと離さない。
特にビンビン玉は5kgのマダイを釣ったメモリアルラバーだった。
『悔しいですっっ!!』
ま、今まで一個もロストしなかったことの方が奇跡的か。

スポンサーサイト
2008.06.30 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/313-126cc399
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。