アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
天気予報では”雨”だったのでレインウェアでの釣りを覚悟していたのだが
一向に雨の降る気配がなくむしろ陽射しまで射す始末。

雨=釣り場が空く で大歓迎なのだが。

昼間は水戸の釣具屋へ寄ってルアーの補充。
「掘り出し物はないかね~」と思ってジグコーナーを物色していたら偶然、しょうさんと再会!
お久しぶりです!しばし世間話を。。。

海はやや荒れ気味なので河口でヒラメでも狙ってみっか。
P6210001.jpg


いや~蒸し暑いわ。一度、レインウェアを着たのだがあまりの暑さに脱いだ。
ダイエット希望なら半日修行で3kgはやせられるな。

相変わらず河口は達人たちがフルキャスト中。
P6210003.jpg


14:30~17:30 那珂川河口
祝町堤防は波が思いっきり被っている。行けねぇな今日は・・・。
ということで河口サーフ?で振るか。
そこへコの字から帰ってきたアングラーと情報交換。この方とも一年ぶりの再会。
なんでも午前中に河口で水族館主催の地引網があったらしい。
えっ!?河口で地引網って・・・おいx2 初めて聞いたぞ。
振る前から釣れない予感120%w

ま、釣れなくて結構。ルアーを投げることが楽しいので。
波打ち際を観察すると海藻が大量に浮遊している。ミノーじゃ厳しい感じ。
とりあえずパワーシャッドのテキサスで開始。
数投目で重い感触。引っ張ってみるとズルッ・・ズルッと寄ってくる。
網か??と思いながら寄せてくると海藻の塊。
それになんとルアーが付いているでは!
うへへへ。これで河口に3回来て3回ともルアーGet!
マールアミーゴ→ローリングベイト→TKLMとキタ。
P6210013.jpg

ルアーはTKLMの沈むタイプ。自分的にはほとんど使う機会がないルアーだが。

ルアーを外しているとちょうどコの字から帰ってきた別のアングラー登場。手には”年なし”のでっけ~クロダイがぶら下がっている。55~60cmありそう。
やはりコの字でバイブにクロダイが食ってくるのは本当だった。

一方、ヒラメ狙いはアタリすらない。ワームじゃかったるいのでミノーにチェンジ。
タイドミノーSLDとタイスリ120。
P6210008.jpg

潜らせすぎると海藻が引っ掛ってくるが思ったほどではない。
やっぱりミノーは手返しが早いのと流れに乗せることができるので効率がいいね。

そこへ今回の表題の『ウザ男』がやってきた。
なにがウザイって管釣り並の間隔で隣にいきなり入ってきてキャストしはじめるのだ。

始めは

○アルパーさん



○自分

で10mほどの間隔をあけてキャストしていたのだが

○アルパーさん



○自分

●ウザ男

自分の隣、5mも離れていないところに無言で入ってきた。うぜぇと思ったがヤツはその上を行くタマだった。
ひとしきりキャストすると今度は・・・

○アルパーさん

●ウザ男

○自分

なんとアルパーさんと自分の間にズケズケと入ってキャスト開始。
これにはカチン☆ときたが「忍」という字を2回飲んで我慢。。。
するとお次は・・・

●ウザ男
○アルパーさん



○自分
アルパーさんのすぐ上流側へ入ってキャスト。しかも先行者の投げ釣り師の真正面でキャストしだした。
でもって逆の順番で一往復されたw

○アルパーさん

●ウザ男

○自分
 
 ↓
○アルパーさん



○自分

●ウザ男

もうええわ。ストーカーか嫌がらせとしか思えん。
真正面にしか投げれない釣りは性格的に苦手。楽しくない。
ということで河口から撤退。
そういえばこの男、去年もいたな。ライジャケも着てない。
マナーも大切にね。
今度入ってきたらシイラ用のポッパー投げちゃうかもw

19:30~20:30 那珂川中流
不調のシーバスを狙ってみる。天気予報のせいか釣り人が居ない。
川も下げ始めでベイトの気配もありいい感じだ。
先発はテリフDC9。飛ぶし、フローティングなのでシャローで使い易いルアーだ。
ダウンで投げた一投目から”コンッ”とバイトがあった。
いつもならそのままキャストするが今季は不調なので丁寧かつ慎重に行動。
あえてルアーを一回り小さいレイジー8Sに交換。
2投目、ピックアップ寸前のレイジーの後ろに”もわっ”と波紋、”ボフッ”そして”ゴンッ”と衝撃!!やったね~
次の瞬間”バシャバシャーー”と元気なエラ洗い。
そしてファイト時間3秒でフックアウト~。まさに秒殺。
このシーバス、いきなり食いついてきて、勝手にエラ洗いして、見事に外して帰られた。
う~む。。。頭イイね。
サイズはレギュラーながら貴重なシーバスを逃した。残念。

川は時間と共に流れも出てきて非常にいい感じだがそれと逆行してベイトもシーバスの気配も消えた。不思議だ。例年ならボイル音が聞こえるタイミングなのだが・・・。
あまりの静かさにアルパーさんと場所移動を決断。

21:00~22:00 那珂川下流
ぐ~んと下って下流域へ。
ここも水位、流れ共にいい状況だ。例年なら高確率でシーバスに会えるのだが。
先行者1名あり。
キャスト開始。ゴミもゆっくり下流側へ流れていき非常に釣れそうな雰囲気。
だが岸辺にはベイトが居ない。例年ならボラの稚魚がうじゃうじゃ居る季節。

先行者もあきらめたようだ。
ダメだ。まったくココも魚の気配がない。
P6210016.jpg


一体シーバスは何処に居るのだろう?
あと一ヶ月もすれば状況が変わるのだろうか。
青物に移行する前に大きいの1本獲りたいね。



ダイワ(Daiwa) レイジー 8S 80mm レイザーマイワシ


デュオ(DUO) タイドミノーLD 120mm A-32(レッドシャイナー)
スポンサーサイト
2008.06.23 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/311-8baca5dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。