アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
土曜日19:30に東京の事務所を退社し一路茨城へ
今週は大潮、しかも朝マズメと下げがリンクしているチャンス日だ。
ところが天気はあいにくの小雨模様、風も若干あり海は荒れている様子。
ここ最近やっと涸沼川でもシーバスの釣果が聞かれ始めました。
去年より一潮遅れでしょうか。

24:30 いつもの那珂湊方面へ到着
やはりひたちなか市も小雨がパラパラ降っている。この天気では釣り人も少ないだろうと勝手に予想したが様子見によった那珂湊港には投釣り師が10名以上は居るではありませんか!小雨でしかもこんな夜中に・・・。
いや~皆さん好きですねぇ~~(人のことは言えませんが)

25:00~26:00 那珂湊磯~磯マル狙い
磯場へ降りるとウネリと上げ潮の影響でいつもより潮位は高いものの釣りは出来そうです。サラシもいい感じに出ています。
IMG_2423.jpg


キャスト開始わずか10分程、10M位離れた所でキャストしていた同行のアルパーさんのロッドが大きくしなり「ジィーッ!!」と派手なドラグ音を暗闇の中響かせています。ウネリがあるため近くまで寄せたもののランディングに苦戦している様子。早速手伝いに向かいます!
低い岩に降りますが時折大きい引き波が来て中々足元まで寄ってきません。ボガでのランディングはできそうも無くショックリーダーをつかんでブッコ抜く事に。

ショックリーダーを掴む。ズシッ! 重さは3キロ近くありそう。
よ~し

イチ、ニ、サン・・・ダァー!! 抜きあげ成功! 
”バシャバシャ!” ”ボテッ”

ありゃ!?
体色が銀色じゃないぞ!黒っぽい。。。しかもスリム!

えぇ!? マルタ!? どう見てもマルタだよなぁ

岩の上で暴れている70cmはある魚体にライトをあて再度確認。
やはりマルタである。それにしてもデカイ。
こんな塩分濃度が高い磯にもマルタは生息するのですね。
磯でマルタを釣ったのはアルパーさんも私も初めてです。

磯で釣るマルタ・・・略して磯マル! 確かに磯マル・・・。
ひたすら残念がるアルパーさん。「磯マルには間違いないんだから」と釣り場で笑う。 (^o^)丿
その後はアタリも無く、朝マズメに備え港へ戻り仮眠することに。 

4:30 起床
港の駐車場で目を覚ますと空はすでに薄明るく地元の方らしきおぢさんがワームを着け船道に向かいキャスト中。港内ヒラメ狙いなんでしょうか。我々は那珂川河口へ移動。
IMG_2424.jpg


5:00 那珂川河口付近
河口駐車場に着いてみてビックリ(@_@;)
どこかのHP情報なのか駐車場は満車。ルアーマンが見えるだけでも10数名。いくら広い河口サーフといえ適度な間隔でキャストするには人多すぎです。

IMG_2425.jpg

下流側はまだスペースが空いていますので我々はそこに入ります。やはり河口もウネリの影響でいつもより大きい波がバンバン打ち寄せています。膝くらいの深さでウェーディングしていても時折胸下まで波がきて足を取られそうになります。あぶねー!
IMG_2428.jpg


しばらく波と格闘しながらキャストしましたが反応ありません。そこで波の影響が少ない海門橋上流を攻めることに。
歩いてポイント移動している途中で一人のルアーマンから話しかけられ情報交換。どうやら遠方から通っているらしい。

ルアマン:この場所ってシーバス釣れるんですか??
  私  :たま~にですけど釣れますよ
ルアマン:4,5回通っているんですけど釣れませんねぇ。他人が釣っ       たのも見たこと無いです
  私  :今日も誰も釣れていないんですか?
ルアマン:はい。暗いうち(夜中)から皆さんやってるんですが誰も釣       れていませんよぉ。もう諦めて帰っちゃった人もいます。

あちゃー。。。あいかわらず調子悪いみたい。

6:00 海門橋上流
さすがに橋より上流になると波も若干弱くなります。先行者は1名。我々と同じ位の時間に来たルアーマンです。そのルアーマンより50M程上流にエントリー。
大潮の下げとあって徐々に川の流れが早くなりいい感じです。魚の活性もあがり時折流れの弛みでマルタがライズしています。
中にはメータークラスのコイもライズ。
コイとヒラメが同居する不思議なエリアです。


ルアーはチアユを意識し細身の”アクエリアス120”です。しかしこのルアー、気持ちイイくらいぶっ飛びます。
流芯から弛みにかけドリフト気味に流します。すると数投目に
”むずーっ”
という根掛りのようなバイト、すかさず追い合せを入れると
”ググーッ!”と手応えアリ。
しかし首を振る様子もなく10秒程でバラシ。多分正体はマルタ。それにしても上流からタイヤやら草やら木まで流れきて非常に釣り辛い。時間は8:00、もう時合いは終了である。残念!

釣り場で目に入った鮮やかな紫色の藤の花を見ながら休憩。
IMG_2426.jpg

もう梅雨と初夏はそこまできていますね
IMG_2427.jpg



その後、河口&大洗サーフを攻めていたアルパーさんと合流。
他のルアーマンがワームでヒラメ50cmサイズを1枚あげたそうだ。一方のシーバスはやはり全く気配無しとの事。

前からそうだがこのポイントは一日1枚はヒラメが釣れる。きっと神様が順番に釣らせてくれているのだろう。我々にその順番が回ってくるのはいつのことであろうか。待ち遠しい限りである。
おそらく来週はチアユは完全に遡上してしまうであろう。必ずそれを追っかけてシーバスも入ってくるはずである。
今月は仕事が忙しい為、日曜しか休めず短時間釣行となりますが何とか結果を出したいものです。

8:30 撤収
スポンサーサイト
2006.05.14 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/31-888368ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。