アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
実に面白い!

マダイが疑似餌(漁具)で釣れるのである。しかも狙って。
そう。雑誌等で目にする『鯛ラバー』『鯛カブラ』といった一種の疑似餌を使って釣れるらしい。
驚くべきはその釣果!私の知っている限り、常磐沖だけみれば餌釣り(シャクリマダイ)より素晴らしい結果が出ているのだ。
釣り方自体は底を取って、ゆ~っくりタダ巻きという実に単調なやり方。しいて変化をつけるとすればリトリーブスピード位だろうか?
ま、鯛ラバーの種類によっては多少、アクションの違いはあるとは思うが・・・。

とりあえず浅草釣具に行き、半信半疑、買ってみた。
P1000251.jpg



実に不気味だ。。。

姿はまるでエイリアンだな。2,3年前に釣具屋からもらった「元祖鯛カブラ」も一個だけもっているがソレとくらべるとスカートの量がやたら多いように感じる。

髪の毛で例えるならば・・・

ソルティーラバー → 司会の小倉さん
元祖鯛カブラ   → 俳優の温水さん

決して大げさではない。その位、フサフサ感に差があるのだ!
おそらくソルティーラバーの方は人間にバイトさせる為、フサフサ感をUPしたのだろう。


昔から 『エビで鯛を釣る』 という諺?があるが、あと10年もすると『ゴムで鯛を釣る』 という諺に摩り替っているかもしれない。(多分、無いけどw)

ソルティーラバーの他に、コレ↓も欲しかったのだがあいにく浅草釣具には無かった。

これは市販の鯛ラバーの中では高い商品だと思うが、頭の形からして泳ぎ(ウォブル)が良さ気だ。
この手のルアー?はシンペンと一緒で潮流を受けて泳ぐタイプだろうからできる限りウェイトが軽く、ラインも細い方が良いだろう。PE1.2号以下、ロッドも軟らかめかな。
でもこの釣り、自分はすぐに飽きそう(笑)ていうか眠くなりそうだ。


話は変わるが、ここ数日、常磐沖はイワシの鳥山がもの凄いそうだ。
表層はイナダだろうが深いところには大型マダイがきっと着いているはず。
コイツをジグで狙う方が楽しそう!ヒラヒラ系のジグでね。
イナダもジグミノーかセンターバランスのジグをカーブフォールさせりゃ一発だろう。
イワシに夢中になっているなら一押し。

何故かチョイ沖に黒潮の分流も入ってきているようだし、もしかするとマサ子がいるかも!?
うへへへ。マサ子。釣りてぇな~。

↓↓マサ子用に思わず買ってしまった。
がまかつ(Gamakatsu) ラグゼオーシャンJIG-ONE 593S

150g~200gのジグもガンガンしゃくれる。一日しゃくる体力は無いけどね。

ほかにもMCワークスの NB565HS が超激安だったので欲しかった~!
MCワークスが50%以下で買えるなんて。。。あぁ。
このロッド、美しい弧を描き9kgのポリタンクが持ち上げられる!
まだ残ってたら買っちまうかw 
よし!思い切ってCPSとブローショット売っちまうか。要検討。


一時、週末は『雪』の予報が出ていたが、いつの間にか『曇り』に変わっていた。
変な念が通じたのか?
しかし気温は寒いらしい。雨と風と波高も心配だ。
釣りに行けりゃいいのだが。。



スポンサーサイト
2008.01.11 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/264-5039d866
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。