アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
今回は岡本さんからのお誘いで 『ジギング体操』
岡本さんとはこれまで何度かメールで情報交換させていただいてましたがご本人とお会いするのは今日が初めて。
お互い釣り○カということで・・・。今後とも宜しくお願いします。


まだ暗い午前4:30集合。
メンバーは幹事の岡本さん、耶麻師匠、アルパーさん、そして私。
天気はイイのだが海のご機嫌はイマイチ。
はるか沖合いにある台風16号だか17号の影響なのか、たま~にデッカイうねりが来る。
今日は厳しい体操になりそうだ。
P1000164111.jpg

6160679.jpg

6422827.jpg

午前5:00~15:00 茨城の近海オフショアゲーム
まずは毎回儀式となっているアネロン1/2と栄養ドリンク、ポカリをMIXで一気飲み。これが船酔いに効くのだ。
海に出る前にチラッと見えた明け方の那珂川河口は釣り人多数。
○の字も5,6人は乗っているようだ。

それほど荒れてはいないがやはりウネリがある。始めは船長提案で沖磯シーバスをやる予定であったがこのウネリでは危険なため中止。
そろそろ磯シーバスも開幕だっただけに調査できず残念。

水深15~20mの沿岸ラインから探ることに。
一発目のポイントは水深15m、那珂川河口沖のイナダポイント。中層にベイトの反応あり。
早速、最近身内で人気のスキルジグを落としてみる。が、反応ナシ。
即移動。次は那珂港周辺のパヤオ(笑)周り。
ここもベイト(鯵)の反応がある。水深20m程度なのでジグではなくピンテールをキャスト。すると一投目で ゴンッ!ときた。
正体は40cm程のイナダ。ヒットしたイナダの周りにワラワラと同サイズのイナダがついて来ている。
せっかく鯵の反応があるのだからサビキも落としてみる。サビキも立派なルアーフィッシングだ。
すぐにブルブルッと25cmのお刺身サイズの鯵Get!
しかし後が続かない。小鯖に邪魔される。その内タグボートがやってきて釣りにならず移動。結局、お土産用の鯵は一匹のみ(ーー;)

お次は常陸那珂港周り。
潮目を狙いジグをキャスト。水深は20mなのでドルフィンスティックツインパワー4000PGのライトタックルに60gのジグをセット。ショアジギと同じ、キャスト→着底→ロングジャークのアクション。狙いは本命カンパチ。
3投目、底から5シャクリしたところでガッツ-ン!と強烈にヒット!
ドラグを鳴らし下へ下へ潜る。「マサじゃないけど結構デカイかも」
慎重にやり取りし獲物が水面へ浮上。
「おぉぉぉっ!? タイ!? マダイだ~」
5832994.jpg

デカッ!! 68cm。4.5kg!やったね。タイの自己新。
6619438.jpg

6684975.jpg

船長と握手。今日はこれで充分満足。
キャスティング用なので溶接リングスイベルを使っていたがスナップの方は破壊されてしまった。。。ヒットジグは行方不明。。。(なかなか売っていない安ジグ)
5898531.jpg

その後、2匹目を狙うもコサバに邪魔される。フォール中のジグに食いつくのだ。このポイントではアルパーさんが元気なイナダを1本追加したのみ。


次なるポイントへ移動。ここは水深3mしかない沖磯がある浅場。
よくカンパチが着いている磯。もちろん狙いはカンパチ。
ルアーはピンテール20。磯周りスレスレにキャスト。やや沈めてから早巻き、波の寄せ引きに合せリトリーブスピードを調整。
数投目、ゴン!と手応え。カンパチにしてはスピードがない。何だろう???ガッチリフッキングしているようなのでロッドを起こすと・・・シーバス!! しかもデカイ!
一気に下へ潜るファイトは磯シーバスならでは。あまり泳がせるとヤバいので強引に浮かせる。使っているタックルはシイラ用なので余裕がある。
一度船べりでギュギューンと潜られたが無事、アルパーさんが用意してくれたネットへ納まる。
6160679.jpg

84cm!! 5.5kgのグットコンディション。どうしたんだ、オレ!?今日はツイてる。
撮影後、リリース。シーバスは元気に沖磯へ帰っていった。
その直後、今度はアルパーさんに良型シーバスがまたもやヒット!
しかし例によって船べりまできてからステラのドラグを鳴らし、一気に沈み根へ潜る。ここで痛恨のフックオフ。残念!

もう、タイとシーバスで充分満足。お腹イッパイ。

その後、沖で良型カンパチGetの情報が入ってきたので急遽沖へ向かう。
水深40m。マサムネをセットしジギング開始。それにしても今日は水の透明度が高い。10m先のジグが見える。青物は厳しいか?
所々、根周りにベイトの反応あるがジグにアタリなし。
ベイトは何だろう?ということで再びサビキ登場。フックにエビを付ける「しんのすけさん流エビング」で調査。
ブルッブルッ!と頻繁にアタルが中々針掛りしない。意外と難しい。。。
2投目、やっと針掛りさせ釣り上げたのは15cm程のハナダイ。コイツがベイトか。。
結局この根回りではイナダも不在で不発に終わる。

今度は一気に沖合いへ移動。黒潮探検である。
狙いはメジ・カツオ・シイラ。日立沖も10マイル程沖へ出るとご覧の通り、真っ青な黒潮の分流が流れている。どう?綺麗でしょ!?
6291753.jpg

画像は流木に付いていた熱帯系のカワハギの仲間。

残念ながら鳥山は無くナブラもない。そこで流木狙いに変更。
6357290.jpg

このような流木を見つけては叩くの繰り返し。
するとやっとシイラが付いている流木を発見!
ガッツーン!ジィィィ---!!! ジャーンプ!
いや~、相変わらずえぇファイトですわ。
6422827.jpg

ルアーフィッシング好きの方でシイラ未体験の方、シイラはゲーム性が高くオススメ!
一箇所、大きな流木周りでメータークラスの3,4匹の群れがいたがルアーに全く興味を示さなかった。残念!
結局、流木撃ちをしながらベイトの反応、鳥山を探すが発見できず。

やがてウネリの波長も長く、大きくなってきたため船長判断で撤収。
帰り際の那珂川河口は薄緑色に濁り、大時化状態。

船酔いはしなかったが今日のウネリはきつかった。腰&太ももが痛い。
耶麻師匠、岡本さんも途中から船酔い気味。。。
プロの船長ですらリトル船酔いだったそうだ。
結局、本命の大サバは坊主を食らった。たかが大サバ、されど大サバ。狙って釣るのは難しいのだ。
次こそ〆サバサイズを!

<本日の釣果>8目達成!
真  鯛・・・68cm 4.5kg(自己新)
シーバス・・・84cm 5.5kg(今季ベスト)
イナダ、サバ、シイラ、アジ、ベラ、ハナダイ、流木他



スポンサーサイト
2007.10.08 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/233-9cbf196e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。