アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
今日は金曜。週末へ向けラストスパートです。
段々テンション上がってきました。の高さもグングン上がってきます↑↑
仕事もバリバリです。

今回は TAKAAさん家 の期待がADSLを通じてビンビン伝わってきます。green
リクエストはシイラ ヒラマサorワラサです。
狙って釣るには手強い相手です。ジグに殺気が伝わると釣れないというし。

昨晩もアシスト1本作ったら睡魔におそわれ・・・jumee☆faceA82
帰宅後のアシスト作り・・・内職やってる気分です。
風呂入って、一杯やって、さぁ始めっか~ って感じ。

アシストフックは道具の中で唯一魚と直接触れる物。
まさに「愛情1本!」丹精こめて作ります。
20070912011800.jpg

アシストのライン?には今回『ダイニーマ』というヤツを使っています。
地球上で最強の糸だそうです。
ケプラーも表示強度は強いのですが使ってみてやはり劣化がありますのでダイニーマにしました。
ニードルを使って輪っかを作る方法もありますが面倒ですので自分はしません。

普通にフックに結んで、根巻き糸をグリグリ巻き、瞬接たらして熱収縮チューブをセットしたら完成です。1本作るのに約5分かかります。
達人の域になるとココまでの作業を数秒でやるそうです。(未確認情報)

以前、aoさんから作り方を聞かれましたので一応・・・。

<我流アシストフックの作り方>
①ダイニーマを”適当”な長さにカットし、芯糸を抜きます。
②菅付きのフックに結びます。
③根巻き糸(ケプラー)をグリグリ
④瞬間接着剤をピロ!
⑤熱収縮チューブを結び目に被せます。(結び目保護)
⑥ドライヤー、熱湯等でチューブを収縮させ完成です。

ライターで炙るやり方はお奨めできません

自作するメリット・・・自己満足度向上!、好みの長さで製作可能、コストパフォーマンスがイイ!!なんといっても暇潰し?になるw

大きいフックの場合、直接フックに結束しますので根巻き糸は無くても問題ないと思いますが「保険」的な意味で巻いてます。
ショアジギ用やメバル用の小さなフックを使う場合は直接フックには結びませんので根巻き糸の役割が重要になります。

本日、ふらっと寄った日本橋のショップで前から使ってみたかったジグを発見!
20070913234519.jpg


価格は500円!! 左右対称のセンターバランス系のジグです。
重さは60g。イナダはもちろんサーフからのヒラメ狙いに重宝しそうです。
ま、センターバランスのジグはどこにでもあるのですが特にこのジグで気に入っているのは「カラー」。コットンキャンディー調ですが基本的にはシルバー単色のジグが好みです。
とりあえず今度、ボートから実験的に使ってみて良さ気だったら・・・大人買い。
スポンサーサイト
2007.09.13 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/221-b319d1ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。