アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
最近”春の陽気”とは程遠い天気です。4月半ばとはいえ東京・日本橋のサラリーマンもまだコートを羽織っている方もちらほら見かけます。

今週はいつもの釣りとは趣向を変え午前中に鹿島灘名物


『ハマグリ』拾い(潮干狩り)を計画!


夜の献立はスズキの手作り寿司と焼きハマグリ、ハマグリのお吸い物!
春のフルスペックコースです!


例年今時期は鹿島のサーフ一帯でハマグリが獲れます。特に大潮の干潮時を狙っていけば比較的簡単に獲れます。大きいものはやや沖目にいますので腰ぐらいまで海に入らなければ厳しいですが5cm位のサイズならば波打ち際で充分です。ハマグリも当たり年とハズレ年があり3年前は当たり年でした。そのときは友達5人で3時間ですんごい量が獲れました(笑)
今年はどうでしょうか?


休日なのに珍しくam7:00起床~早速ネットで天気予報を調べてみます。
すると天気は・・・曇り(ヨシ!) 風は 北風7M!? 7Mって はぁ!?
とどめに波は3M。。。
天気予報がすでに【潮干狩りは無理】と宣告しています。



しかしダメもとでアルパーさんと鹿島灘へ向かいます。外はやはり強風が吹き荒れてます。サーフへは予定とおり干潮前のam10:30到着。

areti1.jpg



areti3.jpg


浜は全面サラシ!風上を向くと呼吸もまともにできません。貝拾いでもしようもんなら人間が波にさらわれそうです。潮干狩りは無念の断念です。
ここ鹿島灘サーフはヘッドランドと呼ばれる「イカリ型」をした堤防が
等間隔に並び春は大型クロダイ、初夏からはシーバス、ヒラメ、イシモチが釣れます。特に春ののっこみ大型クロダイは良く釣れます。
もう少し水温が上がればヒラメを狙ってチャレンジする予定です。

この地域は最低限の決りごとさえ守れば潮干狩りは無料です。詳しいルールは現地に看板がありますのでそれをみてください。天然ハマグリは美味しいですよ!
areti2.jpg



ん~ん・・・。時間を持て余してしまった。夕マズメまであと7時間もあります。
しかたなく、那珂湊方面を偵察することに。あわよくば日中シーバスが拝めるかもしれません。

那珂湊到着。

minato.jpg

排水溝周りに釣り人がちらほら。ここは建物のおかげで風裏になります。

様子を見てみます。

どれどれ・・・。バケツの中身は~~~~~

tiayu1.jpg


稚鮎!豆チアユ!極小ちあゆ!鮭の子!鱒の子!て感じです。
チアユは大きいものは10cm程度あり遡上間近の固体です。
那珂川シーバスのベイトもバチ&アミからチアユに変わるでしょう。

外海は大荒れですので港内でキャストしてみましたがすぐに港内の工事が始まり釣りどころではありません。よって港内フィッシングはThe end

暇ですので那珂川河口部の見学へ
ここでもチアユはよく釣れています。GW前半までは釣れますのでファミリーフィッシングにオススメです。エサも要らない専用サビキ仕掛けで充分釣れますよ。
tiayu2.jpg


そうこうしている内に夕マズメになりました。
まずは那珂川下流部で去年の実績ポイントへエントリー。
ここは風裏ではないため真正面から強風が吹きつけ釣りにくいのですが何とかキャストを続けます。潮は満潮→下げのベストタイム!
アルパーさんによるとグリーンやらピンク色鮮やかなバチも集まってきたようです。
ドリフトでペンシル系ルアー流すこと数投目に「ゴツン!」と明確なバイトがありましたがフッキングに至らず。(内心「居るじゃない!」と喜びました)
しかしここでもお邪魔もん登場。
それはうなぎの稚魚獲りのおっさんです。
私から5Mも離れていない場所へいきなり川の中へ水中集魚ライトを”ドボン”と投げ込みました。明かりに集まったうなぎの稚魚を網ですくっています。前に聞いた話だとこの稚魚は㌔100万円で取引されることもあるようです。

おかげでこのポイントは断念します。明かりを投げ込まれたらひとたまりもありません。きっとシーバスは散ってしまったでしょう。

次に向かったポイントは前回地元のおじさんに教えてもいただいた同じく那珂川下流部です。ここは裏手に風除けがあり強風を避けて釣りができます。しかもベイトも豊富にいます。水面では時々コイ科系のライズが起こり、まずまず期待できそうです。ペンシル~バイブまで一通りルアーローテしましたがここでは一度だけバイトありましたが以降沈黙。私もアルパーさんもノーバイト。

夜になっても全く風は止む気配はなく空も雨が降り出しそうな雲がでてきました。こうなってくるとやる気60%です。

最後に涸沼川を少し探って帰路につきました。さすがに涸沼川はルアーマンが数えるほどしか居ませんでした。
hinuma.jpg


今回の収穫は新たに2箇所ポイント候補を発見できたことでしょうか。流れの感じやストラクチャー、ベイトなど基本スペックは充分でした。
来週以降に実釣レポをUPしたいと思います。

スポンサーサイト
2006.04.16 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/19-67d95775
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。