アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
ほぇぇ~。。。へろへろだ。
久しぶりの土日連日釣行は結構キマス。
延べ2日間で1000回近くキャスト&シャクリしたんじゃないだろうか?
土曜の夜は睡眠2時間、日曜は日の出から午後まで釣って夕方には帰京。。。
ハードだぁ~

それだけやりゃ~もちろん・・・結果は上々↑↑

アルパーさんが獲ったこの魚、セクシーな口元をご覧アレ
IMG_4177.jpg

ひと目で『おマサ』と分かった貴方。相当の好きモノです!
しっかし、イイね~。イイよ。カッコええ~~

11:00~13:00 那珂川河口
まずは準備運動を兼ねて陸っぱりから。このところ水温も急上昇↑。川の水温は21℃もある。
6月といえば「衣替え」の季節。自分もウェーダーをネオプレーンからゴアに切り替えた。水も温く、もうゴアで充分だ。

今日は大潮!干潮は10:30。このタイミングを狙っての釣行。
その場所は頻繁に雑誌に「好ポイント」として紹介されるようになり去年辺りからは混み気味。。。
IMG_4165.jpg
うはっ。今日もイッパイだな。

しばらく眺めているとちょうど数人が引き上げてきたので入れ替わりで自分とアルパーさんが入る。一人は70UP のシーバスを”ぷら~ん”とぶら下げている。
IMG_4166.jpg

自分はシーバスではなくマゴ&ヒラ狙い。普段攻めにくい沖のかけ上がりを狙う作戦だ。いたるところに「根」があるのでミノーで広く探る。すると数投目で”ブルッ”とアタリ!!浅いので魚の姿が見える。アタリの正体は”小マゴチ”。まだ30cm程のお子様。ん~んまだ大型は入ってきてなさそうだ。
そこでポイントを小移動しルアーもワームにチェンジ。払い出しができている浅瀬を丁寧に探る。
今度は”ゴンッ!!”と明確なアタリ!バタバタ調のヒラメ特有の引きだ。
うりゃ~~~!とブン抜き~
IMG_4169.jpg
ハイ、ヒラメです。
釣り師はこのヒラメのことを”ソゲ”と呼ぶらしい。
エンガワが小さそうなのでそっとリリース。今度は親分を連れてきなさい!しかし今日は暑いぞ~夏みたい。

おぉ!?「ちょっこら」のつもりがもうこんな時間だ。今日は夕方からボートで沖へ出る予定。

16:00~20:30 某沖磯~大洗沖磯
すぽぽ~んと出航。
IMG_4171.jpg

今シーズン初ジギングだ。海水温は16.5℃ある。水温的にボチボチ「ヒラ○サ」が接岸する頃なのだ。しかしまだこの辺りでは「釣れた」の情報が無い。まだなのか???目指すポイントは海岸に近い根回り。水深も僅か4mほど。根が見えるよん。
なんと開始僅かでアルパーさんに奇跡が起こった!
ジギングロッドがいい感じにカーブを描く!水面下には鮮やかな黄色のヒレの魚が激しく暴れている!そう、まさかのヒラマサだ!!
ばっちりフッキングしているが慎重にランディング。
IMG_4172.jpg
うわ~!アルパーさんが見事やりました!60UPですが立派な初マサ!!
やっぱり接岸していました!釣りはやってみなきゃわからない!
IMG_4176.jpg
黄色の横縞もクッキリ
その後、今度は船長が70オーバーのシーバスをミノーでヒットさせるも目の前で豪快なエラ洗い3発でフックアウト。あっという間に日も傾きマサゲームは終了。ここからは大洗磯へ移動しナイト磯シーバス狙い。
大洗磯周辺は結構ウネリがあり真っ白なサラシが出ていい感じだ。
まずはまたもやアルパーさんがシーバス一本目ゲット。続けて40オーバーの良型アイナメもゲット。今日はアルパーさんDayのようだ。
なんとかサラシの中を探っていた自分にも待望の”ガツンッ”とヒット!やはり磯シーは引きがイイ。下へ突っ込み、何度かドラグを出されたが無事ネットイン。60cmシーバス。
IMG_4174.jpg


実釣4時間の調査で満足いく結果だった。
ここで船長から『よかったら明日も調査いかない?』の一言。
もちろん返事は『行く!行く!!』
本日マサ修行へ外房へ行っているBooさんも誘うともちろん答えは『行く!行く!!』
明日は午前4時スタート。今、夜の21時だろ・・・家に着くのが22時・・・今日釣った魚を捌いて23時。。風呂入って24時。午前2時半には家を出ないと遅刻するなぁ。。
えぇぇ!?うそ~?2時間しか寝る時間がない!?マジかよ。はい、マジです(゚д゚)

携帯の目覚ましアラームを8連発セットしたおかげで無事午前2時起床。
さすがに眠い。。。

午前4:00~13:30 ボート釣行
午前4時の夜明けとともに出航。
IMG_4178.jpg


途中、河口でエンストしている漁船発見。港まで漁船を曳航するというアクシデントもあり予定より遅れてポイント到着。
早速、100g前後のジグをセットし、しゃくる・・シャクル。
するとTOPペンシルをキャストしていた船長が『フィ~ッシュ!!』
ロッドがしなっている。始めはシーバスだと思ったのだがある程度寄せたところで魚が猛ダッシュ!
素晴らしいドラグ音を響かせて走り出した。こ、これはヒラマサの引き!?
間違いなくヒラマサだ!しかしここは水深が浅くあっという間にリーダーが根ズレでブレイク。。。残念。船長ガックリ _| ̄|○
それにしてもTOPで食ってくるとは!活性高そうである。皆のテンションもUP↑↑
IMG_4179.jpg

ここはシーバスとヒラマサが混在する好ポイント。
ジギングタックルからシーバスタックルに変えミノーをキャスト。
するとシーバスが船べりまでチェイス!チェイス!!皆さん悔しがる。
真昼間にミノーを追ってくるシーバスは面白い。ミノーに襲い掛かる瞬間まで丸見え。
自分のバイブにも2回追ってきたが食いつかず。
そんなこんなしているとまたもやアルパーさんに”ヒット!”着水とほぼ同時に食ってきた。
てっきりシーバスだと思って見ていたが船のそばまで寄せ、姿が見えた瞬間『ヒラマサだ!!』自分もBooさんも確認。黄色いヒレのマサだ。
ここでヒラマサもびっくりしたのか一気にギューンと船底へ向けて走りだした!
Mクラスのシーバスロッドに18LB程度のラインでは太刀打ちできず。
あっという間に”バチィッ”とPEがぶち切れた。
アルパーさん曰く『ロッドが折れるかと思った。。。』そうな。

でもTOPやミノーでやる超浅場のヒラマサゲームは最高!
ライン強度を上げれば獲れる可能性ありそうだ。
次回はPE3号巻いて行こうかな(・∀・)

写真はヒラマサの刺身!あっさり味ですな。
IMG_4182.jpg



PS:青木先輩!
今回の調査でヒラマサは「シーバスタックルのミノーゲームで掛けれる!」という調査が完了しました!
ミノーは早巻き、TOPでもイケマス!何故かバイブはイマイチ。
ロッドはMHクラス、ラインはPE2号以上、リーダーフロロ40LBならなんとかなるかも。。です。
ドラグが緩いと根ズレ、ロックするとロッドが折れるかもしませんので固めの程よい調整が必要です。3㌔位??
いよいよ開幕です!是非行きましょう!!

スポンサーサイト
2007.06.03 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/184-5be31ea0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。