アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
むむ~。やっぱり納得イカン!
何故昨日はバラシまくったのだろうか?
もちろん『腕』にも問題あるがそれでも3本に2本は獲れる。
ちと足りない頭を使って検証

①使っていたのはバイブ
②フックはバーブレス(ST-46♯4タイプ)
③リトリーブは早巻き


「①」については確かにミノーと比べるとバレ易い。コレは経験上間違いないと思う。
「②」これについては正直なところ分からない。バーブ付のフックとバーブレスとのバラシ率を比較できるほどのデータが無いのだ。
「③」これが一番クサい。昨日は確かに食いが浅かった。フックの掛かる位置が手前ばかり。現に違うボートの方も4バラシだったそうだ。

<改善>
次回は、フォレストさんからのアドバイスに従って
1)フックをST-31タイプのネムリがあるタイプに交換
2)フックサイズを一番手大きくしてみる
3)バーブ付きで挑戦

これを実践してみようと思う。
だったらミノーを使えば?と思う方もいらっしゃるかもしれないが揺れるボートの上からキャストする以上ルアー交換も容易じゃないし時間ロスももったいない。飛距離が出て、あらゆるレンジを探れるとなると断然バイブレーションが使いやすい。
それに勝負も早い。デメリットはバラシ易いのとレンジコントロールをミスると一発で根掛りすること位だ。
ま、超有名アングラーが乗ってもノーヒットの日があるのだから今回はヒットし引きを楽しめただけラッキーだったのだろう。
しかし、まだまだ修行が必要であると痛感した一日だった。

スポンサーサイト
2007.04.16 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/157-01d89406
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。