アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
最近、魚を釣ってないなぁ。
一、二度アタリは取れるのだが掛けられない。僅かなチャンスをモノにできれば・・・。
今週もぐっと冷え込む厳しい条件の中出撃。木・金曜に出撃した知り合いからの情報では全てボ○ズ!!さすがに水温が一桁では魚も休眠か。。。

磯場で遅い昼飯を食いながら顔見知りの”ベテランルアーマン”さんと情報交換。この方、房総でヒラもやる達人だ。釣り方も磯オンリー。三日前の凪ぎの日に1本獲ったそうだ。
残念ながら今日は沖にある低気圧の影響で海は荒れ気味。。。

沖にはいつもお世話になっているボートがキャスティングで磯シーバスを狙っていた。
IMG_3853.jpg



すかさずキャプテンにメール送信!
『釣れますか~?』
返信は・・・
『今、バラシ~~~』
おー!沖にはシーバスが居るようだ。
※後ほど外道で3.5kgのヒラメも釣れたそうです。ま、この日乗っていたのは凄腕アングラーですし。。。

狙いの”磯シーバス”はまだ潮位も高く岩に乗れそうもないため那珂川河口で暇つぶしに。
IMG_3855.jpg
夕マズメの河口にはアングラーが意外にも少ない。やっぱり大して釣れていないようだ

17:30~19:00 那珂川下流
いつものポイントにアルパーさんと入る。浅瀬には数は少ない物の小魚の群れ。水の中も春らしくなってきた。
ピンポイントのシーバスが付く根を攻めるも無反応。本日不在。
そんな時、やや下流で釣っているアルパーさんに魚がヒットした様子。
両手を60cm程広げて魚の大きさを伝えている。(良い型!?)
小走りにアルパーさんの元へ行くと60cm級の魚が砂地に横たわっていた。しかし体色が黒く・・・、おちょぼ口・・・。シーバスとは明らかに違う臭そうな魚だった。12cmのミノーに”ガッツリ”喰ってきたそうだ。
良いヨレも出ていたのでその後もしばらく探るが結局ノーバイト。

19:30~20:30 磯
いい時間になったので本日の本命ポイント『磯』へ。
我々以外にもルアーマンが1名。相変わらず海は荒れて底荒れ気味。
厳しい!
IMG_3857.jpg
波が高いのでルアーを投げられる岩も限られる。時折、デカイうねりもあり少々怖い。が、根性で探る。そして探る。
しかしノーバイト。うねりも高くなってきた。いれば食ってくるはず。残念!期待の磯もシーバスは不在。

20:45~21:30 涸沼
僅かな望みを託し涸沼系へ移動。時間的にまだ”下げ”のはず。
過去、実績のあったポイントへ今シーズン初めて来てみた。他のアングラーは居ない。やはり釣れていないのだろう。シーズン中なら必ず数人は竿を振っている場所だ。
水の流れも悪くない。ヨレには小魚かバチが漂っている。しかし捕食音や跳ねもない。一度、涸沼系名物”デカマルタ”がニョロでヒットしたがバレた。
”し~ん”と静まりかえったポイントでニョロ~バイブまで引き倒したが魚からの返事なし。この場所で釣りをする時、何故かアノ貞子の『リング』の曲が頭の中で流れる・・・。
”来ぅるぅ、きっと来るぅ~♪” 怖えぇぇぇー!
あぁ、今日もボ○ズだった。というかシーバスの気配すらなかった。

こんな日は200円ラーメンに冷えた体と心を癒してもらおう。
IMG_3858.jpg
ココで別場所で釣っていたTAKAAさん一行と合流。
この悪条件の中1本獲ったそうだ。さすが!
エスプレッソで反省会&釣り談義。気が付けば3時間も話をしていた。
皆さん、釣に対する情熱が凄い!脱帽!!
その情熱、自分も見習わなくては・・・。
(TAKAAさん、コーヒーごちそう様でした!)

<番外編>「○んたま」で話題になったルアーの件、自分の手持ちのルアー達です。
まず、これが川系に入る時の基本ルアー↓↓
IMG_3859.jpg
ズッシリ重いコイツ等をベストの左右のポケットにねじ込みます

次に磯&サーフ系のルアー↓↓
IMG_3869.jpg
あとは予備や趣味の2軍のルアー達↓
IMG_3864.jpg

IMG_3868.jpg

IMG_3861.jpg

これは待ち遠しい”夏=青物”用のルアー&小さなジグ達↓↓
IMG_3871.jpg


他にはオフショア用のジグとかジャークベイトとか砂モノ狙いのソフトルアーとか・・・etc。いつもバッカンはこんな感じです↓↓
IMG_3873.jpg


吉宗さん、ご覧の通り、赤頭系はほとんど持っていません。
スポンサーサイト
2007.03.19 
Secret

TrackBackURL
→http://worldfishing.blog47.fc2.com/tb.php/146-a0be0617
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。