アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
19日の夜、半月ぶりに我が家へ帰宅しました。
温かいカレーを作って待っててくれました。今までで一番?美味しかったなぁ。
『肝心な時に居ないんだから』『カレーの食材買うのも並んで大変だった』
何を言われても「ゴメン」と「ありがとう」の二言しか言えませんでした。



19日-20日も弟家族の待つ東海村へ生活必需品の補給に行ってました。
相変わらず給油が厳しい状況なので単車で往復です。
県央以北でもポツポツですが日中、スーパーも営業しているようで日に日に復旧しているようです。

震災当日、地震発生直後の写真です。
20110311145118.jpg
自分の数メートル先の民家から瓦屋根がバラバラと落ちてきました。
頭を直撃していたら今居なかったかもしれません。


塀も崩れています。
20110312101252.jpg


マンションの敷地のアスファルトも地割れ、陥没しています。
20110313104541.jpg


他にも、涸沼川・平戸橋下流に津波で漁船が2隻、打上げられていました。
湊大橋は通行止め、那珂川河口付近は護岸が崩落しているところがあります。
復旧するには相当時間が掛かるでしょう。


無力な自分も被災者のために仕事として、個人として何かできる事は無いか?
これからしっかり考えてみたいと思います。

そして今後も「釣り」を通じて少しでも明るい気持ちなれるブログを継続したいと思います。
頑張りましょう!

スポンサーサイト
2011.03.22 
皆様、ご心配のメールありがとうございました。ヒヤヒヤながら仙台から来て茨城で足止めをくっている弟家族へ食糧を届けることができました。

仙台の住まいはどうなっているのか?職場は?学校は?これからの生活、心配事ばかりだろうが笑顔で頑張っています。
弟の住まいは甚大な津波被害が報道されている若林区です。ギリギリで津波の直撃は受けなかったようですが、到底、生活が営める環境ではないことは明らかです。


報道こそ少ない茨城県も被災地ですが東海村の近所の人達は井戸水を分けてくれたりととても親切にしてくれていました。
ただ、昨日現在、水戸より北は未だにコンビニも閉まっている所が大半で生活必需品も困窮している有り様です。
お見舞いに伺った得意先の皆さんも震災後の後片付け、生活物資の不足に疲労困憊されていました。


そのような中、今回地震の被害が無かった西の会社の経営者ですがわざわざ上京してきて社員を連れて飲みに歩いている残念な人もいるみたいです。大義名分は『社員の激励』だろうが誘われる社員も内心有り難迷惑だろうし、そう思っていると信じたい。

それほどアルコールが飲みたいならば我が家で飲めばいいだろうに…
被災されたご本人、家族がいらっしゃる取引先の方がその姿を見聞きされたならばなんと思うだろうか?
間違いなくこの先、その会社の商品は積極的に買いたくないであろうし、この先、企業パートナーとなりうることはないだろう。
経営者、リーダーならばもっと自覚を持っていただきたい。遊びに来る経費は義援金にでも回すべきだ。
それほどくだらない事に使う『時間』と『お金』があるのかと問いたい。
空気が読めない非常に残念な人だ。
強引に予定通りプロ野球開幕を推し進めようとしている人と何ら変わらない。
全てが『力』で抑えきれるものではない。それを自然災害から学ぶべきだ。
人は『気持ち』だ。
2011.03.18 
これから再び茨城県へ向かいます。

車の残りガソリンが心細いです。

何とか水戸以北の震災被害に遭われたお客様のお見舞いに伺います。

無力ですが会社として出来る限りのことをさせていただくつもりです。

また、弟家族の子供達への食糧も届ける予定です。会社の同僚からも支援物資いただきました。本当に感謝、感謝です。

乳幼児期向けのベビーフード類を歩いてでも届けに行かなくては!
2011.03.18 
この度の東北地方太平洋沖地震により被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。


皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。



昨日、6時間かけて6号を上り都内へ戻りました。

小美玉以北の6号は彼方此方道路が陥没、段差があり酷い状況でした。
倒壊している家屋、ガラスが割れた店舗、崩落した歩道など見れば見るほど・・・・・

かたや数十キロ離れただけで当たり前のようにファミレスがあいていて、若い人達が談笑している風景があります。
たった数十キロの差で5日も6日もお風呂にも入れない子供達、満足に食事が取れない人たち、水道が復旧せず苦労している方々のことを思うとこの現実の温度差に涙が出ます。

都内のスーパー、陳列棚がスカスカです。
必要以上に物品を買占めをしている人たちに恥を知れと言いたい。
実際、震災を体験した者として言わせてもらいます。完全にライフラインが止ればレンジ調理が必要な食品は役に立ちません。
カップラーメンもそれに準じます。

買占めを自粛し、少しでも被災者の方々に物品が届くようにしましょうよ。
困った時はお互い様、明日は我が身ですよ。
2011.03.17 

震災より数日経過しました。東海村は17時現在まだ水道が復旧していません。

昨晩電気が復旧しましたのでやっとテレビで情報を得ることができました。
死者一万人以上になる見込み?!放射能漏れ?
津波の映像等々、薄々予想はしてましたがとんでもない事が起きたようですね。


今週は東京に戻れそうもないかと半ば諦めかけてきました。
水不足、食糧不足…ガソリンもスタンドは大渋滞でしかも一台につき二千円分までしか給油できません。
甥っ子、姪っ子も一緒にいますが十分に食べ物をあげれないのが可哀想でしかたありません。
それでも寒さをしのげるだけ宮城県や岩手県の避難所暮らしの方々よりは数段恵まれていることに感謝しなければなりません。
2011.03.14 
自分は11日14時45分、所用で茨城県東海村に居たところ大地震にみまわれました。

始めは『おっ!地震だ』程度に思いましたが長めの弱い揺れが続いた後、地鳴りと共に一気に体験したことのない強烈な叩きつけられる揺れに襲われました。


地面からは砂煙が舞い、近くの古い瓦屋根の民家からはその瓦が崩れ落ち、ブロック塀は道路に倒れ、駐車場の車は宙に浮きながらバウンドしていました。とても現実の出来事とは思えない光景です。


奇跡的に自分は無傷でしたがその後が大変でした。まず電力がストップし水道が止まり、コンビニなどの店が閉まり、食糧がなく、電気がストップしたためエアコンも使えず、空腹と寒さに耐えるしかありません。それが3日続きました。
震災二日目、好意で営業してくれたコンビニがありましたが皆、食糧を求め殺到、中には金を払わずカゴごと持ち逃げ?強奪する人間も出現し、無法地帯化です。
そのコンビニも開店後数時間で閉店です。

しかも携帯は常に圏外表示になり使用不可へ。

やっとさっき電力が復旧し何とか今は無事でいますが相変わらず水は復旧していません。
詳しくはまた後日アップしますね
2011.03.14 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。