アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
梅雨明け宣言!出ました。

今週は土曜が出勤だったため今回は朝マズメ限定の短時間釣行となった。
隅田川花火大会の混雑を避け茨城へ向かう。
今日の釣りは時間が限られる。「どこに行こうか?」「何を狙うか?」迷った。

最近好調と聞く<涸沼本湖>も狙いたい!
景色がいいサーフでの青物も捨てがたい!
確実に釣れるメバルも・・・。
狙える魚が豊富すぎるのも困ったもんだw

アルパーさんと相談し「ストレス発散」優先で朝マズメ青物に決定!
しかし、シーバスも気になる。海へ行く通り道なので「ちょっと」涸沼川へ寄り道。

23:30~1:20 涸沼川中流部 
到着した頃の潮汐は涸沼時差で下げ5分といったところか。
結構早い。ていうか急流。ガンガン流れている。
スポット的にシーバスの捕食炸裂音が聞こえる。かなりデカイサイズだ。
イイ!魚はいる!まぐれで釣れるかも。
リップレス系では流れに負けてしまうのでしょっぱなからバイブで攻める。実際キャストしてみると見た目以上に流れが強い。
アップクロスで投げたルアーがあっという間に流されてダウンクロスになる。
ボイルが起きる周辺をトレースしたいのに流れが強すぎてルアーをイメージ通りのコースを泳がす事ができない。

そこで比較的横からの水流の抵抗を受けにくい「ローリングベイト」にルアーをチェンジ。
すると5投目位で”カンッ”って感じでショートバイトがあった。しかしフッキングしない。

ルアーを再度バイブに戻し、根に当ててヒラを打たせてみた
すると今度は”コッ”というアタリのあと”ググッ”と重みが乗った!ヒット!しかし魚は流れに乗りながら”ブルンブルン”首を振っている。
しかし5秒もしないでバレた。あかん・・・。

一方、アルパーさんの方も「バレたぁ~」と言っている。やはりフックアウトしたようだ。今日は食いが浅いようだ。
粘ればヒットさせれそうだがもう海へ移動し仮眠しなければならない時間だ。
仕方ない。涸沼川より一旦撤収。来週また攻めてみよう。

さすがに一睡もしないで釣りをすると心身共にフラフラのフニャフニャになってしまう。やはり徹夜でも平気なのは20代までか・・・。



午前4:30~8:00 阿字ヶ浦方面 
携帯目覚ましで無理やり起床!外は薄暗いがもうじき日の出だ。
IMG_2973.jpg

しかしここは人気ポイントだけあってすごい数の車が停まっている。魚の数より釣り人の人数の方が多いかも。
ポイント目指しテクテク歩く。まずは先週シーバスをバラしたポイントへ。期待したものの今日は何故かベイトがいない。当然シーバスの気配も無い。数投してみたもののやはりバイトは無かった。
ヤバい雰囲気だ。まるでベイトっ気がない。イワシもイナも群れていない。
いつものカンパチポイントでジグをキャストするもやはり追ってくる気配がない。半ば諦め気分でメバロットで根魚を狙ったがワームを追ってくるのは「フグ」のみ。
朝飯を食いながらナブラが出ることを祈ったがダメだった。
IMG_2974.jpg


「もう朝マズメタイムも終了だな・・・。」と思っていたところ携帯が鳴った。アルパーさんだ。
500m程離れた所で釣っているアルパーさんから
「そっちはどう?」
「全然ダメ。気配なし」
こっちはカンパチいるよ~!いいサイズのやつを掛けたけどバラした」とのこと。
そっちに居たのか!すぐにポイント移動。

しかし自分が着く頃には群れはどこかに移動したようだ。一時間程前までは投げるたびに5,6匹のショゴの群れがルアーにチェイスしてきたらしい。携帯で撮ったショゴの画像を見せてもらった。
一年ぶりのショゴ。やっと茨城の海も夏らしくなってきた。
ここのポイントはヒラメもいそうだ。ショゴがダメならヒラメでも狙ってみるか。
ピンテールを底まで沈め早めのリトリーブで探る。するとわずか数投で

”ガツンッ”とキタ~!
”ググッ”と重めの手応え。結構引く。
引きからしてヒラメっぽい。
浮いてきた魚を確認。やっぱりヒラメだ!嬉しい獲物だ!

IMG_2976.jpg


お腹も真っ白な天然ヒラメ
IMG_2975.jpg


よっしゃ!ヒラメGet! ボーズは免れた。
このヒラメ別名は「ソゲ」と言うらしい。リリース。「大きくなれよ~」

海面は再び潮が動き出し潮目もくっきり表れて出した。これならショゴも狙えるかなと思ったがかなり北風が強くなってきた。海面はウサギが飛んでいる状態。これだけ風が強いとラインが流され釣りにならない。
撤収ぢゃ。
夏の阿字ヶ浦海岸
IMG_2977.jpg


帰り道の田んぼの風景。青い稲穂が出てきた。やっと夏になったばかりだが実はもう秋はそこまで来てるかも。
IMG_2978.jpg

スポンサーサイト
2006.07.30 
今日は毎年恒例の『隅田川花火大会』です。素晴らしい花火大会なのですが【打ち上げ場所】が住んでるマンションの近所なので当日は大変です。
何が?ってういうと早朝から歩道での見物を防ぐためのバリケード工事があり騒音で目が覚めます。
IMG_2971.jpg

いつもの広い歩道もご覧のありさまです。
また、近所が朝からヒト・ひと・人で溢れかえります。駅まで行くのに一苦労です。花火が終わるまで買い物にも出れません。
IMG_2972.jpg

と言うわけで今晩は花火見物をパスして避暑地「茨城」へ行く事にしました。

2006.07.29 
久しぶりにカラッと晴れました!アツイです。
写真は職場から見える首都高の看板です。まさに『夏だ!ジョッキ生!!』ですね。
私は昨日、仕事関係の接待で千葉に行ってましたが割烹で食べた『活きアジのタタキ』と『天然ヒラメ』と『三陸ウニ』の刺身が最高でした。ウニは海苔で包んで食べるのですがこれがまたウマ~い!!
おかげ様で芋焼酎「黒霧島」の飲みすぎで都内に帰り着く頃はヘロヘロでしたけど・・・。
直に関東も『梅雨明け』ですかね。
P505iS0018874775.jpg


近々、船から狙う河口or磯シーバス&小型青物釣行を計画中です。
今週はそれに備え釣具屋で20g~40gのキャスティングジグを物色します。

そうそう、アツイといえば今朝
『Booさん&フォレストさんがBigシーバスゲット!』したようですね。
サイズは80UPとか。次の目標は90ですか?




平日の早朝釣行・・・健康的で羨ましいです。

2006.07.26 
先週は大サバに終わった青物狙いのリベンジで再び今週も「阿字ヶ浦」方面へカンパチ狙いに出撃。
涸沼シーバスも気になるが涸沼に寄っていては朝マズメに間に合わないし阿字ヶ浦方面でもシーバスが釣れている匂いがするので寄り道せず一気に阿字ヶ浦へ直行する。川鱸と違い海鱸は臭みが無く味も良いので釣れれば嬉しい獲物だ。

午前2:00~7:00 阿字ヶ浦方面 
午前二時現場到着。朝マズメまであと2時間か・・・寝るか。などどかんが得ていたらアルパーさんが一言「シーバスやらないの?」でやる気になった。テクテクと真夜中の砂利道を歩き堤防へ向かう。
堤防には真夜中でもサビキのアジ釣師が何人もいた。アジ師の様子をみているとアジに混じってイナッコの群れがいる。それを何者かが追って「ザザーッ!」と小ナブラが発生している。ボイルはしないがシーバスの気配だ。
しかしアジングのルアーマンがキャスト中のためそのポイントで我々がロッドを振ることができないので別のポイントを目指す。

まずはアルパーさんがシーバス狙いでルアーをキャスト。開始早々「アタッた」との事。自分もキャストするが反応が渋い。そこで保険に持ってきた<メバロッド>をセットしメバリングに挑戦。
ソフトルアーをセット。すると一投目から”コツン”とバイトがある。
”コンッ”・・”ククッ!” 
きた!
キュイ~ンと小気味イイ引きだ。
IMG_2941.jpg

18cmメバル!まずはボーズ脱出だ。(メバルだけど・・・)
もう後は入れ食い状態。同クラスがガンガン表層・中層で食ってくる。
その内ピックアップ直前の表層ヒットが半数ほど。

Yes!メバル!! (どっかで聞いた事あるような・・・)
 IMG_2942.jpg

IMG_2943.jpg

IMG_2945.jpg

IMG_2944.jpg

面白れー!
サイズアップを狙い、手を変え品を変え試したが結局尺メバルは登場しなかった。
メバルと戯れていると時間はもう午前4:00。薄っすらと東の空が明るくなってきたが今日は雲が厚くいつもより薄暗い。
ジグをセットしカンパチ狙いに切り替える。じっと海面を見つめ、ナブラを探す。この時間がすこぶるワクワクする。
潮は下げ、「潮目」がくっきり出ている。ナブラは起きないが潮目付近を重点的に探る。
隣りでキャストしていたアルパーさんが「キタッ!」と言い、追い合わせを入れた。「・・・あれっ?軽いなぁ・・・」どうやらカンパチではなさそうだ。
ん~???ヒットしてきた魚はアジだった。しっかり口にフッキング。ジグでもアジがくるとは・・・。
IMG_2946.jpg


その後もジグで早引き、ジャーク、フォールなどアクションを加えてみるがアタリが無い。近くにいるアジ師は小鯵が入れ食いだ。このアジがぱったりと食わなくなったら青物登場のサインなのだがず~っと釣れ続けている。
ダメだ。ナブラも起きず全く気配がない。お手上げだ。
このアジ師も釣った小鯵でカンパチ狙いの泳がせ釣りをしていたが我々が見ている間にウキが消し込むことは無かった。
このポイントに見切りを付け堤防先端まで行ってきたアルパーさんも青物は釣れなかったようだ。回りでもサバ以外は釣れていないとの事。漁船はしきりに堤防周りで操業していた。
時刻は6:30。小雨がパラつきだし肌寒い。一度撤収。

帰りに堤防で会ったライトFのルアーマンが「カマスがいっぱいいますよ」と言っていたのでメバルタックルでちょこっとやってみた。
たしかにもの凄い勢いでワームにチェイスしてくるがただ引きだと寸前で見切られる。そこでシーバスの「ワインド」と同じ要領でワームを激しくダートさせると”ブルブルッ”とフッキング!

Yes!カマス!! (やっぱりどっかで聞いたような・・・)
IMG_2950.jpg

IMG_2949.jpg

体長は20cm程。獰猛な顔つきだ。ワームに食いつく瞬間はシーバスと一緒でダートさせたワームが減速した瞬間だった。その後数匹追釣。

金曜の勤務後から徹夜で釣った。さすがに眠い。仮眠&休憩。
IMG_2951.jpg

久しぶりに束の間の青空が見えた。

16:00~20:30 阿字ヶ浦方面 夕方の部 
夕方また阿字ヶ浦に戻ってきた。アルパーさんはサーフでマゴヒラ狙い。自分はジグで青物を狙ってみる。堤防では相変わらず小アジが釣れ盛っていたがナブラは表れずジグをキャストするも反応はなかった。仕方なくまたメバルに癒されることに・・・。
IMG_2953.jpg

明るい時間帯でもシェードを狙えば食ってくる。しかし河豚の猛攻に合いワームがすぐにボロボロになる。そこで小さなメタルジグに交換。
メタジでもメバルはガンガン食ってきた。
IMG_2955.jpg

IMG_2958.jpg

辺りが薄暗くなった頃、メバルと遊んでいるとパシャパシャと水音が聞こえた。音の方向を見ると5、60M沖でイナッコかイワシが逃げ惑っているではないか!
すぐさま30gのジグをキャスト!
一投目着水後すぐに高速リトリーブ。

”ガッツ----ン!!!” 

”ギュンギュ~ン”  キタ-----!!
 


ウヒョー! #・・?☆%・・・△&!! (アドレナリン分泌)
一発目で食ってきたヨ!!
グイグイ引く!
トルクのある引き。結構デカイかも…。すると
”バババー!バシャバシャ!”沖でジャンプていうか鰓洗い!?
鰓洗いって・・・何の魚だ???(頭の中はカンパチと思い込んでいた)
堤防際まで寄ってきた。浮いてきた魚を見たら・・・
なんと”銀ピカのシーバス”だ。サイズは50~55cmクラス。アシストフックが一本だけ上顎に掛かっている。堤防から水面までの距離は3m程。タモは無い。
「抜きあげるかぁ」などと考えていたら足元で最後の鰓洗いをしやがった。油断していた。 ”スコ~ン”とフックアウト。ジグだけ飛んできた。
終わった・・・。俺のシーバスが・・・。ムニエルが消えた・・・。
しかしジグの早引きでシーバスを掛けたのは初めてだったので少し嬉しい。
自分の中で”攻め”のバリエーションがまた一つ増えた。
今度沼でやってみっか。

その後、常夜灯回りに集まった小魚に対してシーバスらしき魚がボイルしている場所を発見しアルパーさんとルアーをキャストするも群れはすぐにどこかへ移動してしまった。今年は阿字ヶ浦方面にもシーバスが入ってきているようだ。海鱸は食べても旨いし今後狙ってみよう。

帰り支度をしていると”フォレストさん”からメールが来た。
「涸沼でシーバス一本Get!」との事。
帰りに涸沼本湖へ寄って見ることにする。

21:30~23:00 涸沼本湖
涸沼に着いて見るとルアーマンはチラホラいるようだが水面は穏やか。先週の雨の影響か大分水位が高い。回りの状況は「し~ん・・・。」シーバスの気配は無い。時合を完全に外してしまったようだ。
諦めずにルアーをキャストしてみたがやはり反応なし。木っ端セイゴが一匹ルアーに反応してきただけだった。
やはり本湖はマズメ時に限る。

今回の釣行は
メバル  15~18cm 20数匹(数えていません) 全てリリース
カマス  20cm   5匹
シーバス フッコクラス 1バラシ

そうそう、蝦ちゃん!2位だったらしいじゃない沖堤GP?で。



2006.07.23 
月曜から降り続いた雨がやっと東京でも小ぶりになった。
先月も大雨が降り那珂川はゴミが散乱し大変な事になったが今回も
前回同様に川岸は上流から流れてきたゴミが凄い量だと思う。

そういえば何年か前に那珂川が水戸で氾濫しホテルが水没した記憶がある。
今はその場所にホテルは無くなった。
今週は那珂川シーバスはゴミを避けながらの釣りになりそう。。。
↓那珂川リアルタイム映像
http://www.ktr.mlit.go.jp/hitachi/river/real/index.htm#
2006.07.19 
今日はせっかくの「海の日」なのに外は。例年「海の日」はカラッ晴れていたような記憶なのですが。まあ、私の記憶ですからあてにはなりませんけど、はい。
釣り好きの方はさぞウズウズしていらっしゃることでしょう。

しかし土曜は暑さと雷の両方がMAXだった。夜のシーバスは雷&豪雨のため不完全燃焼・・・。茨城では夏~秋の季節はもっとも釣り物が多彩で頭を悩ませる。アジ~青物~ヒラメ~マゴチ~デカ黒ソイ~シーバス~メバル~クロダイ~イシモチとルアーで狙える魚の名前を挙げだしたらキリが無い。
寝なくても平気な体力と気力があれば良いのだが。。。それは無理。

と言うわけで16日(日)は「明日のためその1」としてアルパーさんと釣り場の下見に行くことに。

まずは気になる涸沼本湖へ。
見に行った場所は涸沼でも大洗側にある「広浦漁港」周辺。さすが3連休の中日だけあってファミリーフィッシングで賑わっている。
IMG_2938.jpg

IMG_2937.jpg

IMG_2936.jpg

皆さんハゼを狙っているようですが釣果は・・・ダメっぽい。バケツは空。去年の今頃はデキハゼが大漁だったと思うが、もしかすると昨日の大雨が関係しているかもしれない。
夕方、ファミリーFの方々が帰ると入れ替わりでルアーマンが増えてきた。イナッコも群れを作り岸際へ寄ってきた。いつボイルが始まってもおかしくないが辺りは「しーん・・・。」と静寂なままだ。シーバスの気配がない。夕方来たルアーマンも撤収なのか場所移動なのか皆さん消えた。その後、僅かながら捕食音が聞こえるがどれも単発。葦際ではナマズがボイルしている。
今は、広浦よりも下流側が良いのかもしれない。個人的にはキャンプ場より下流側は気色悪いので行かないけど・・・。

続いて那珂川を下見に。ちょうど夜21:00頃から潮が下げ始まるので活性が高ければシーバスのボイルが起きるはず。
那珂川に着いてみると思ったよりも東風が強い。川面も波立っている。やはり昨日の雨のせいで水位も若干高め、水も濁り気味。群れではないがベイトとなる小魚も泳いでいる。時折、魚の捕食音も聞こえるがシーバスでは無さそうだ。
昔から「東風は魚が釣れない」と言われているらしい。西風がベストとの事だが一年のうちで「西風」はそう多くは吹かないだろう・・・。

しばらく那珂川の様子を見ていたがとうとうシーバスの気配は無かった。

来週はどうしようか? シーバスは休憩してアジング&青物でも行こうか・・・悩みどころである。自分はまだアジをソフトルアーで釣ったこがない。アジング・・・興味津々だ。新鮮なアジは刺身で食べても美味しいしね。

<追記> 新アイテムとして携帯蚊取りを購入 880円
二晩使ってみたところ蚊には刺されていない。偶然かも知れないが。後何回か使ってみて刺されなければ効果があるのだろう。880円で120時間使えるのでかなりお得だ。
IMG_2939.jpg


そろそろお子さんは夏休みですね。夕方、懐中電灯と網を持って涸沼川に行けば川エビが簡単に獲れます。油で揚げれば旨いビールの肴になるし飼育してみても良いでしょう。(釣りエサとしても使えます)
2006.07.17 
リーマンやってて良かった~!
と、一瞬だけ思う3連休開始。釣って、釣って釣りまくるぞ。
(・・・・体力がもてば)

先週、”フォレストさん”から「ヒラマサどうですか?」の誘惑メール。サイズは40~50cm
と小型ながら爆釣ち言わないまでもそこそこ釣れているらしい。
それに合わせるかのように「カンパチキタ---!!」情報も入手。
青物が例年より早く開幕したようだ!延々と灼熱の堤防を歩くのはキツイが
ガツンッ”→”ギュイ~ン”→”(ドラグが)ジィ~~~ッ
それを思えばなんのその。片道3㌔の汗だく徒歩なんか平気、平気?

青物といえば朝マズメ。
フォレストさんとは朝5時にポイント駐車場で待合せだ。
睡眠のため夜のシーバスは断腸の思いで我慢。夜中にポイント付近の駐車場で
待機、仮眠することに。
しかし暑い、蒸し暑い。しかも車の中に蚊が入るし・・・寝られん。
そう思っていたらフォレストさん登場!登場!?ってまだ夜中の2時。
「家にいても寝付けませんでしたw」
皆さんもこんな経験「あるある」だと思う。

午前3:30~8:00 阿字ヶ浦方面堤防 
外はもう夜明け前。東の空は薄明るい。アルパーさん、フォレストさん私、の3人で
今から30分以上テクテク歩いて目的のポイントへ向かう。
目当てのポイントへ向かう途中で小魚が何者かに追われ逃げ惑っていた。
IMG_2926.jpg

延々歩いた。レンジャーの訓練のように巨大な壁を乗り越えながら。
すでにポイントには徹夜組含め20人以上の釣り人がいる。
朝日が眩しい。堤防のすぐそばでは漁船が操業している。
IMG_2928.jpg

海面は穏やか。水面には無数のイワシの稚魚の群れ、サヨリの群れ。
いつナブラが起きても不思議ではない状況。
IMG_2927.jpg



サビキでアジを狙いの方には20~30cmクラスの良型アジが掛かっている。

堤防先端付近でジグをキャスト開始する。ジグはお気に入りのギャロップだ。
早速、私の隣の中年ルアーマンさんに何かがヒット!
掛かった魚は時折ドラグを鳴らしながら走る、走る。横に・・・。
そう、””に走るのである。おそらくサバだ。いや間違いなくサバだ。
堤防際まで寄せた魚を確認した。その正体は期待を裏切ることなくサバ。
しかし良いサイズのサバだ。40cm以上ある。
サバでも良いか・・・釣れんよりイイ。狙うか。
早引きでは反応が無い。スローにしてフォール気味で誘う。
コツン””ググッ”・・・”ギュイ~ン
ヒットー!
掛かると横に走る。サバ確定。
IMG_2930.jpg

サバとはいえ青物は楽しい。
フォレストさんもアルパーさんもヒット。これで全員ボーズ脱出成功。
こっち側にやってきたオバちゃん(失礼!)ルアーウーマンにもヒット!
大サバ祭り! このオバちゃんはロッドがライトなのかロッドが伸びきって中々サバを抜きあげられない。それ位良いサイズのサバだ。
味噌煮用にアルパーさんの一匹をキープする。サバはすぐに首を折り〆る。〆たらエラも取り去る。これが美味しく食べるコツだ。
結局、サバ以外の青物は姿を見せなかったがその後アルパーさんが見事
ジグでコウイカをゲット。ジグでイカとは・・・。初耳だ。
IMG_2929.jpg

自分もイカをジグで狙ってみる。底をズル引きだ。海底は砂地。
”ガッ”根掛り(泣)一発ロスト はぁ・・・やらなきゃ良かった。

しかし夏の堤防は灼熱暑い。体が乾く。もう限界。時間は・・・。
時計を見るとまだ午前七時!?。朝の七時で暑いのである。一旦撤収。
なんせ帰りも3㌔歩きですから。

昼間は暑くて釣りは無理。どっか休める場所を探さなくては。
アルパーさんと今回、初めて「町営 大洗温泉センター」へ入ってみた。
温泉の他プール、トレーニングルーム、食堂がある。温泉のみなら700円
欠点は横になれる休憩所が無いところだ。町営だけに値段は安いと思う。
海では自衛艦が一般公開されていた。
IMG_2932.jpg

IMG_2933.jpg


17:30~18:00 那珂川河口 
日も傾き暑さも和らいだので夕マズメのマゴヒラ狙い。
河口に着くとコの字専門のベテランさんに会った。今日は4本とのこと。
この方、ロッドはジギング用、リールはステラ10000番。豪快なタックル。
完全なる”コの字専用”タックルだ。私とアルパーさんはサーフで砂物を狙う。
水は澄んでおりイイ感じだ。期待できる。キャストを始めてすぐに
ゴロゴロゴロ”と嫌~な音。””だ。空がピカピカと稲妻が光りだす。
・・・やばい。安全のため撤収。浜の雷は怖いですから。

20:00~20:40 那珂川中流部 
夕方の雷は落ち着いたようだ。シーバスを狙う。
去年の実績ポイント。今日は出そうだ。水色が良い。釣れる予感大。
潮は今が満潮。これから下げに入るゴールデンタイム。
開始早々、10m程離れてキャストしていたアルパーさんにヒット!
ゴボッ!””バシャバシャ”エラ洗いしている。サイズはフッコクラス。
直後「バレたぁ~」の声。・・・残念。
しかしこのポイントにシーバスが入っている事は確定した。ここは魚が入っている時はかなりの確率で連発する。ポイントの読みは当たっていた。
潮止りでのファーストヒット。かなり期待できる。よ~しこれからが勝負。

と思った矢先”ゴロゴロ”と聞こえ出した。また雷だ。だんだん稲光が
近づく。くそ~また雷に邪魔された。車で雷が去るまで待機する事に。
しかし、一向に去る気配無し。むしろパワーUPしてきた。
ダメだ。明日があるさ。撤収を決断。
これが正解だった。帰る途中に雨はドシャ降りとなり
ピカッ”” バリバリー! ” 信号も停電した。危なかった。
判断を誤ったたら大変だった。
自然相手の釣りである。自然の力にはかなわない。皆さんも雷や増水に
気をつけてください。安全第一ですから。

アルパーさん宅で釣魚料理にトライ。
コウイカは夏らしく”ブラックペッパー”を効かせた「スパイシーバター焼き」に
IMG_2934.jpg

プリプリの食感。美味しいです。
次にサバ。これは定番の味噌煮。
IMG_2935.jpg

これもイケる。夏サバは不味いと聞くがこのサバ、産卵前でウマい。
秋の脂が乗ったサバがウマいのは当然だか今時期のサバもウマい。
2006.07.16 
むしむしジメジメ気持ち悪いですね。
しばらく青空を見ていない気がします。
マンションに帰るとクーラーの「ドライモード」のお世話になりっぱなし。。。
私の他にもこんな人多いのではないでしょうか?

そこで「梅雨明けはいつ???」 調べてみました!
答えは・・・梅雨明けは予想できません! なんですよ。
http://www.tbs.co.jp/morita/qa_ame/faq_980620.html

残念でした。 カラッとした夏空・・・待ち遠しいですね~
2006.07.12 
今週はチラホラとシーバス情報が聞かれ始めた涸沼本湖の調査も兼ねて
出発。
来週の3連休へ向け情報収集。

午前1:00~3:00 涸沼本湖(大洗側)
実績と釣果を考えれば断然涸沼川の方が良いのだが何故か涸沼を見たくなった。
もうシーバスは沼へ入ってくる季節だ。
去年通ったポイントへ到着。思ったよりルアーマンは少ないがそれでも
結構な人数がエントリーしているようだ。ヘッドランプがチラホラ見える。
IMG_2910.jpg

イナッコの群れが外灯の下にうじゃうじゃいる。まだ5cm程の大きさだ。
そこにルアーマンが一人いた。リーダーを結びなおしている最中だ。
話しかけてみると県外の方。いつもは内房で釣っているが今週は涸沼が
釣れていると聞きこちらへ来たらしい。
話しをしている最中も目の前で”ボシュ!”とボイルした。サイズ的には40cmクラスだろう。
彼よりも先に来ていたルアーマン2人組みは1本持っていったそうだ。

我々もルアーを準備しキャストを始める。潮汐の時差を考えるとちょうど
下げ始まったところ。ボイルは先ほど話をしたルアーマンの目の前付近と沖の潮目周辺の2箇所で起きている。まだシーズン初期のためシーバスの数は少ないようだ。
2時間キャストするがノーバイト。
あと10日もすればアチコチで涸沼名物スーパーボイル祭りになるだろう。期待大。

6:30~10:00 ひたち方面サーフ
涸沼で3:00までキャストしてしまったため眠い。
ここのサーフ周辺は霧がでている。ウェーダーを履き準備をしていると
偶然”フォレスト”さんに会った。今サーフを一往復しノーバイトとのと。
フォレストさんはこれから大洗へイカ狙いのエギングへ行くらしい。
コウイカ(シリヤケ)はもう終盤ですね

(フォレストさん!イカはどうでしたか?またご一緒しましょう!)


なんとも言えぬボーズの空気が漂う中サーフへ降りた。
IMG_2911.jpg

波は穏やかだがやはり水色が良くない。何というか澄んだ緑色である。波うち際にはイナッコが悠々と泳いでいる。サーフには投げ師が3人いた。
ミノーで探ったあとソフトルアーも投げてみたがノーバイト。同行のアルパーさんもノーバイトだったらしい。

今朝会った”フォレストさん”から釣具のセール情報を教えてもらったので一度釣りを中断し水戸市内の釣具屋へ行く事にする。何でも「40%OFF」らしい。アルパーさんがツインパワーを探していたので良い機会だ。教えてもらった釣具屋に到着。私が欲しいロッドは残念ながら「割引対象外」だった。残念!一方アルパーさんは「ツインパワー3000」とロッドを購入。それを早速夕マズメ使ってみるそうだ。

16:00~17:30 那珂川河口
アルパーさんのNewロッドとリールを使うため河口へ来た。ここもマゴヒラ狙いのルアーマンが多い。そういえば今月号の釣り雑誌にもこのポイントは掲載されていたっけ。。。投げれる場所も限られ仕方なく撤収。
しばし犬の散歩に来ていた地元のおっちゃんと談笑。このおっちゃん凄く釣りに詳しい。色々な情報をもらった。今度参考にしよう。さすが毎日犬の散歩にきている人の情報は精度が高い。

IMG_2915.jpg


本日の大洗磯
IMG_2914.jpg


19:30~22:00 涸沼本湖
今日のTV「ザ・フィッシング」は”村越さんの中国シーバス”だったためそれを見終わってから涸沼本湖へ向かった。
涸沼へ着くとやはりルアーマンが数人ロッドを振っている。しかしボイルは昨日よりも更に少ない。時間の関係か?とも思ったが我々がキャストしている間は散発的なボイルしか起こらず、しかも大半がルアーが届かない沖目だった。
ここではシーバスの代わりに何故かネコがじゃれついてきた。どうもネコに好かれる体質らしい。
記念撮影!本日の獲物 50cm 4kg メス
IMG_2921.jpg

IMG_2919.jpg


下見は充分。来週の3連休が勝負。マゴヒラはカタクチイワシが入ってこないとちょっと厳しそうだが涸沼シーバスは来週はもっと個体数が増えるだろう。
2006.07.09 
今週は仕事の関係で土曜の晩からの釣行。
雨はさほど降らないが湿気がすごい。不快指数100。
Tシャツの上から雨具を着るがこれがまたサウナ状態。汗が吹き出る。

23:00~24:30 那珂川中流
涸沼川の下げにはまだ時間が早いため那珂川中流部から攻めてみることに。
ポイントへ到着し川を見ると泥濁りである。(栃木あたりで雨が降ったのかも)水面に枯れ草ゴミや枝がたくさん浮かんでいる。先週、先々週の大雨の影響でいつも通っているポイントも結構な量の泥が堆積されている。しばらくの間ここのポイントはダメかもしれない。
時折”ジョボッ”と魚のライズは起きるがおそらくコイ科の魚だろう。。。
一時間程キャストしたが反応なし。去年は今時期、同ポイントで良いサイズを連発したが今年はまだその気配がない。
ぼちぼち涸沼川も下げに入った頃なのでそちらに移動。

午前1:00~2:30 涸沼川中流部
ここは先々週アルパーさんがシーバスをGetしたポイント。今シーズン新たに開拓したポイントであるがここ最近シーバスの魚影が濃い。
IMG_2888.jpg


ポイントに到着すると下げ始まっており結構流れが速い。流れが緩くなる瀬尻辺りでシーバスがボイルしている。たまにデカイヤツも”バシュッ”と炸裂音を響かしている。しかし、こちらの岸からでは届かない微妙な場所で散発的にボイルしている感じ。
まずは表層狙いでTKLMをセット。流芯部の流れ乗せドリフトで流してみるが反応が無い。そこで流れに負けないように根掛かり覚悟でルアーをバイブレーションにチェンジ。
先週もバイブでヒットまで持ち込むもののバラシている。
数投目、リフト&フォールのフォールの最中に「ゴツン!」と強烈なアタリ、しっかりフッキングしたようだ。川の流れも速いためサイズの割りに引きが強い。
”バシャバシャッ!”最後の鰓洗い。ボガで掴んでランディング完了。
IMG_2889.jpg

久しぶりのシーバスとの嬉しい対面。体高もありグッドコンディションである。
こいつはハゼとエビを吐き出した。イナッコは食っていない。
その後は流れが更に速くなりボイルも消滅。同行のアルパーさんは不発だったようだ。
対岸にいたルアーマンもストリンガーをぶら下げて帰っていったのでシーバスが釣れていたのだろう。

朝マズメを狙うため仮眠することに。

6:30 那珂川河口
夜中はパラパラと雨が降っていたが朝起きるとすでに止んでいた。
河川敷を見ると大勢の人・人・ひと。6月の大雨の影響で河口部に溜まった大量の流木やゴミを清掃中。その中で竿を振るわけにもいかず大洗へ場所移動。

7:00 大洗磯 
大洗磯に移動したもののこちらも大人から子供まで参加しての清掃中。夏の海水浴シーズンに向けて浜のゴミを片付けている。
眠気もあり再度仮眠。海辺での昼寝?(朝寝)は実に気持ち良い。
IMG_2890.jpg

すでに「海の家」の準備も完了していた。
IMG_2891.jpg

大洗磯も数名ルアーマンがいた。2人は磯マル狙い。他はヒラメ狙いだろう。ここでは竿を振らずに大洗港の様子を見に行く。
9:30 大洗港
IMG_2892.jpg

堤防から小鯵が掛かっているのが見えたので磯場のサーフでちょこっとヒラメを狙ってみることに。
潮が引き潮でかなり浅くなっており結局ノーバイト。ただ、かけ上がりの場所や離岸流、沈み根の位置が分かったので満潮付近に後日再チャレンジしてみようと思う。
意外な穴場かも。。。
 
大洗港内の様子を見てみる。(イカが釣れているらしい) 
IMG_2893.jpg

ありました!イカの墨跡が! 
IMG_2896.jpg

IMG_2898.jpg

釣果見学♪
IMG_2895.jpg


いました!シリヤケイカ!
IMG_2899.jpg

サビキで豆アジも釣れていた
IMG_2897.jpg


これはアジにそっくりなのだがアジより細長く青い
いままで見た事がない魚(40cm位ある)
IMG_2900.jpg


IMG_2901.jpg


来週はじっくり「ひたち方面」のサーフでマゴヒラ、夜は今シーズン初の「涸沼本湖」を攻めてみる予定。
いよいよ涸沼で狙うランカーシーズンですね。
... READ MORE
2006.07.02 
ここ連日「真夏日」。
新宿駅付近の看板に設置されている温度計は31℃を表示。
ちょっと歩くと汗が噴きでてくる。
外回りの途中自販機で買うお茶が美味いこと美味いこと。。。

明日は残念ながら溜まっている仕事をこなさなければならず釣りに行けたとしても土曜の深夜からになりそうである。辺りからチラホラ涸沼系が絶好調と聞こえてきた。
あのREDさんも週頭に取材で涸沼・那珂川水系にきていたらしい。
来月発売の「ソルティ」の取材でしょうか?

涸沼は初期は夜、夏以降は朝マズメが勝負。
特に初期はルアーにスレていない為、ルアーセレクトがバッチリはまると短時間で連発する。(最高に楽しい!)
最盛期になると都内・埼玉・千葉などの県外からの釣り人がワンサカやって来て賑わう。
目の前で起きる80クラスのボイルは圧巻の一言。
60クラスが多い物の70~90サイズも掛かるのでリーダーは太めで勝負。

今年は涸沼でも我々がまだ開拓していないポイントをアルパーさんと片っ端から回ってみる予定。

明日は仕事の疲れがさほどでもなければ出撃する予定。
2006.07.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。