アウトドア&フィッシング ナチュラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
Wカップに釘付けだった今週。さすが”世界レベル”のプレーは違いますね。
いよいよ決勝トーナメントも始まりますし来週も寝不足が続きそう・・・。


さて釣りのレポといきますか~


空を見上げると☆☆彡☆彡☆ 雨の心配は無用である
当然、雨が降らない方が気分的にも快適で嬉しいのだが、その反面ポイントが混雑するので雨降りの中で釣り人が閑散としたポイントでの釣りもまんざらで嫌いではありません。貸切気分で思いっきりキャストできますので。


午前1:00~2:00 涸沼川中流部 H橋付近
今回の釣行のメインターゲットは砂物!そのため涸沼川シーバスは様子見程度と言う事でチラッと寄ってみることに。
川は上げ潮で逆流のアゲアゲ状態。水面には10cm位の小魚の波紋がいたるところに発生。しかしその小魚もシーバスに追われている様子はなく悠々と泳いでいる。シーバスの気配は全く無し。

12cm程度の小魚の正体は”サッパ”
なぜかこの魚は毎年海から川や涸沼へ遡上してくる。

せっかくだしダメ元でルアーを投げてみる。
ロッドは新しく手に入れたティムコ社の”Jumping Jack"を試してみる事に。長さは7.5fの3ピース。仕舞寸法が非常にコンパクトであり「東京湾の地下鉄釣行にも使えそう」という理由と「円筒型のちゃんとした持ち運び用ハードケースが付属してあり旅行にも使える」というWの理由で購入。
P505iS0018481561.jpg

感触としては10g程度の軽いミノーは問題なく、振り抜けも快適であるが14gを超えるルアーはバットに重心が乗らないというかちょっとコツが要りそうである。メッキやセイゴ、根魚にはある意味使いやすいかも。

肝心の涸沼川の方は一時間キャストするもやはり無反応で終了。その間もボイルは1回も発生しなかった。
朝マズメに備え仮眠をとる。

午前5:00~10:00 ひたち方面某サーフ
先週アルパーさんがマゴチをゲットしたサーフで今週も勝負!
今回は以前も同行した”フォレストさん”とお久しぶりの”Booさん”も参加。Booさんとは1月のメバリング以来の再会である。
サーフは天気が良いこともあってか他の砂物アングラーも結構来ている。
IMG_2698.jpg

シロギス狙いで投げ釣り方もいたので状況を聞いてみると「ポツポツだけどシロギスも例年より早く釣れだしたね」とのこと。この魚が入ってくるとマゴヒラのシーズン本番である。
皆はサーフからキャストしているので私はテトラ帯から狙ってみる。
P505iS0018415997.jpg

先週ひどかった洪水によるゴミも海底にはさほど残っていない。テトラの上から見て水色が黒っぽく見える海藻帯・根周りを探るが反応が無い。
本日は9:00が干潮のため大分水位が下がってきた。
港内で奇跡を信じジグをキャストしているとジグの後ろを水面から背びれを出しながら60cmクラスの魚がついてきた!さらにジグを加速すると”ゴン”ときて反転・・・。はっきり見えたその魚の正体はマ・ル・タ。コイツはどこにでもいるなぁw。
皆がいるサーフへ戻ってみるとアルパーさんは40UPのヒラメをバラシたらしい。ヒラメがフックアウト後にジャンプして海へ帰っていったそうだ。一方のフォレストさんはソゲを3匹掛けたそうだ。今年砂物デビューなのにさすがである。
リリースした3匹のソゲは来年立派なヒラメとなって帰ってくるでしょう!ヒラメは成長が早いらしい。2年で40cmになるとか。。。
一旦撤収し休憩。

11:00~14:00 いつもの大洗磯で休憩
IMG_2699.jpg


14:30~16:00 那珂川河口
しばらく来ていなかった那珂川河口付近へ行ってみると先々週の洪水の影響がまだ残っていて砂浜はゴミが大量に堆積され水面も枯れ木、草が漂い、底にもゴミが大量に沈んでいて釣りにならない。まだ元の姿のサーフに戻るには時間がかかりそうだ・・・。
IMG_2700.jpg


17:00~19:30 那珂湊港
まだ日も高く時間もあるため那珂湊港の様子を見に。。。
ここもメジャーなだけあって人・人・人である。
IMG_2701.jpg

↑合成写真のような五月晴れでしょ↑
投げの人にはデキアイナメ、サビキの人は夕マズメに一瞬であったがカタクチが釣れていた。カタクチがいるとわかればチャンス!!
これを食いにシーバス、マゴチ、ヒラメが港内に入ってきている可能性大である。過去にも実績はたくさんあり、港内で90UPのヒラメが釣れたこともあるポイントだ。
早速ルアーをキャストしてみる。
しかし世の中そう簡単にはいかない。一度”ゴン”とバイトがあったがマルタっぽい。シーバスも確認できず。

20:30~22:30 涸沼川中流部
本日の最終ポイント”涸沼川”に望みを託しガンバルことに。
潮は下げ始めたところである。川は非常にまったりした流れでボイルもなく活性は低い状態である。
リアクションを期待しバイブひと筋で攻める。100回はキャストした。
101回目?のリトリーブの時ついにキタ! ”ゴツンッ!!” 特有の首をブンブン振る様子が手に伝わる。サイズは40cmあるかないかのセイゴ。しかし今の俺にとってはスズキ並みの価値である。フックはバーブレスのため「バレないでちょうだい!」と念じ、あと10Mというところで”フッ・・・。”と軽くなってしまった。バイブは手返しが良く効果があるルアーなのだが何せバラシ率が高い。何度も魚がアタックしてくる活性が高い状況ならいいがいつもチャンスは一度きりである。
それから199回、延べ300回キャストするも反応はそれ1回きり。
 
心身ともに疲れ果て終了。まだまだ修行は続きそうである。


最近特に感じるのだが、涸沼川・那珂川でマナーの悪いルアーマンが増えてきたと思う。先行者から5Mも離れず後から来て上流側にエントリーするわ、平気でザバザバ入水するわ、アップ・ダウンお構いなしにクロスキャストするわどうしようもない。シーバスも砂物も足元で食ってくることが多いのに・・・。
今回もそういう連中がいた。橋げたに何度もルアーをぶつけていたし、キャストも水面直撃でままならい。腕もそれなりなんだろう。
一言挨拶すればお互い気持ちよく釣りができるし、ビギナーであれば釣り場であった上級者質問すれば色んなことも教えてくるだろうに。
案の定この連中はその後投げ師の近くでも入水、キャストを始め、挙句の果てオマツリさせ、怒られて釣り場から消えた。
スポンサーサイト
2006.06.25 
土曜日釣った魚の料理に挑戦!!
美味しいんです!釣った新鮮な魚は!

まずはマゴチ。この魚はなんと言ってもお刺身に限ります。
そこらのスーパーではお目にかかれない高級魚です。

変わった姿形の魚ですので慣れないと捌くのに戸惑いますが・・・。
IMG_2684.jpg

薄く切りさらに盛り付け「もみじおろし」と「ポン酢」でいただきます
IMG_2686.jpg

カボスか酢橘があればなお良しです。芋焼酎にgood


次はスズキの料理に取り掛かります。
今回のメニューは「スズキのムニエル取れたてインゲン添え」です。

まずは3枚におろします
IMG_2678.jpg

次は適当な大きさの切り身に塩コショウで味付け
IMG_2680.jpg

この間に付け合せのインゲンをボイルしソテーしておきます
IMG_2679.jpg

下味をつけた切り身に小麦粉をまぶします

IMG_2681.jpg

IMG_2682.jpg

サラダ油をひいたフライパンに中火で皮目から焼きます
IMG_2683.jpg

皮側を7部、身側3部の加減で表面をカリッと焼きます
IMG_2685.jpg

ひっくり返したらバターを適量落とします
IMG_2687.jpg

この時白ワインがあれば少量ふりかけ香りつけをします


焼けたら皿に盛り先ほど用意しておいたインゲンを添えて完成!
IMG_2688.jpg

簡単で美味しく、奥様も喜びますのでオススメメニューです

また今度機会がありましたら違うレシピもアップします。
2006.06.20 
さあ今週もやってきました! 何が? 
何がって。。。それはリーマンの至福のひととき 週末です!

世間はWカップ一色で盛り上がってますね~

残念ながら日本はオーストラリアとの初戦を落としてしまいましたが・・。

その鬱憤を釣りでスッキリさせます(させたい!)

1点目 開始わずか10分

FKからズドーン!! 

シーバス! 

IMG_2669.jpg


2点目 後半15分

ごみディフェンダーをかわして

ズドーン!!


マゴチ! 

IMG_2671.jpg


おしくもハットトリックはなりませんでしたが上出来!上出来!

この釣果はすべて同行のアルパーさん。私じゃありません。はい。

私には神が降りたようだ。ズーボー神が。。。


午前1:30~3:30 涸沼川中流部
本日夕方まで降り続いた大雨の影響で那珂川は諦め少しでも可能性がある涸沼川中流部へ賭ける。

涸沼川到着。唖然・・・。(゚д゚)

”ゴォー””バキバキ””ガサガサ”すさまじい勢いでゴミの塊が流れてる。3Mもある大木が、5Mもある竹の束が、畳6帖ほどの草の塊が。実に様々なゴミが物凄い勢いで流れている。
釣り人は見当たらない。無理もない。このゴミを見たらどん引きだろう。
何とかゴミの合間、比較的ゴミが少ないヨレを狙う事とする。
私は上流側を、アルパーさんは下流側を攻める。
時折川の中心部でボイルはある。魚はいる。

しかし凄まじい勢いで流れるゴミにルアーをシンクロさせて流す事は神業であり流芯部へキャストすることは今の弱気な私には不可能である。ゴミが比較的少ないヨレ部分をTKLMで探る。カラーは目立つパール系を選択。

しばらく探るが反応はない。ここのヨレでは魚の気配もボイルもない。

休憩がてらアルパーさんの様子を見に行くとすでに一本ゲットとのこと。
IMG_2669.jpg

50cm台のフッコである。この状況で釣るとは!

どシャロー部の流れのヨレで喰ってきたらしい。アクションはジャーク。
どうやら下流部のヨレには魚がいるようだ。波紋もでるしボイルもある。
ポイントを譲ってもらい私もキャスト。ルアーはアスリート9S。
時折ジャークを入れダートさせる。

ここのポイントは捨石、古い杭が乱立し根掛りしやすい。
今日は洪水気味なので杭は完全に水没し見えない。慎重にストラクチャー付近をダウンクロスで流すがバイトは無い。

数投目”ガッ”という手応え。ロッドをあおる。 ”・・・。”動かない。
見事地球を釣ってしまった。もちろんルアーは帰ってこない。
しかし気落ちしている暇はない。
すぐさまレンジバイブをセットし今度は強気に流芯部を攻める。

やがて数投目。ルアーが手前のかけ上がりに差し掛かったとき

”ガッ”という手応え。
ロッドをあおる。 ”・・・。”動かない。
また地球を釣ってしまった。当然ルアーは帰ってこない。

立て続けに一軍ルアーをLOSTして気落ちしない筈はない。かなり凹む。

もう東側の空は白んできた。時刻は3:30。
朝マズメ狙いのルアーマンも何人か登場。
シーバスも捨てがたいが朝の砂物をチャレンジしたいので場所を移動し仮眠する。

午前7:00~10:00 ひたち方面
大洗・那珂湊近辺は川の影響で釣りにならないだろうから一気に北上する。

場所はひたち方面。

海の様子を見る。なんと10数㌔那珂川より離れたここまで大量のゴミ、流木が漂流してきている。潮目は流木だらけ。浜もこんな感じ。
IMG_2675.jpg

何とかゴミのとゴミの間を狙えそうである。
釣り人は結構な人数が入っている。投げ師、クロ師、ルアーマン様々である。
始めはミノーで探ったが反応なし。ソフトルアーへチェンジ。
隣で釣っているアルパーさんもAXヘッドにチェンジしている。するとすぐにアルパーさんのロッドが弧を描き魚を浜にずり上げる。

おー見事なマゴチだ。漂流ゴミ溜まりの下にいたらしい。
IMG_2671.jpg

54cm。でっぷりとして重い。やったね!今晩の刺身確定。

その直後、我々後から来てすぐそばでキャストしていたおじさんのロッドが曲がる。
今度はヒラメだ。40UPである。
おじさん曰く「釣れると思わなかった」嬉しそうである。
本当に釣れると思っていなかったらしくヒラメは〆ることもせずにスーパーの袋に入れ放置。仕掛けはカーリーテールのダウンショットだった。
IMG_2674.jpg

もう潮時は終了だ。私にはバイトもなかった。ボーズ神のご利益。。。

諦め半分でワームを早引きすると背中が真っ青な25cm程の魚が追っかけ来た。 

青物か!? 

ジグにチェンジし早引きする。やはり追ってくる。
今度は正体が分かった。胸鰭が見事なトビウオである。
その後も果敢にルアーを目の前まで追ってくるが食いつかない。

日もだいぶ高くなってきた。腹も減った。休憩。
IMG_2672.jpg


11:00~15:00 大洗磯で休憩
ここの公園?は水道、トイレもあり重宝させてもらっている。一度ロッド、リール、ルアー、ウェーダーを水洗いし乾く間は仮眠。
IMG_2673.jpg

想像通り那珂川は洪水状態、大洗も激濁り&大量ゴミ。

16:00~19:30 再度ひたち方面
再び釣果が期待できる”ひたち方面”へ戻り夕方の砂物狙い。何とかヒラメを釣って白身3点の刺身が食べたいのだ。

ポイントには今朝ヒラメをゲットしたおじさんがまた来ていた。
我々と一緒で夕方狙いできたらしい。

私には一度”ゴツゴツッ”ときて”グゥ~”ともっていくヒラメらしきアタリがあったがすっぽ抜け。残念。
根掛り対策でシングルフックのジグヘッドを使っていたためだろう。
ソルトルアーを始めた当初、AXヘッドなどがまだ無い頃にメインで使っていたジグヘッドである。今思えばあの頃も良くすっぽ抜けたし、バラシも多かった。

次回は私にボーズ神が降臨しないことを願う。

アルパーさんがシーバスとマゴチをゲットしてくれたおかげで刺身とムニエルにはありつける。日曜の晩はムニエルをおかずにクロアチア戦を応援しよう。
PS:マゴチはその日のうちに刺身、にぎり寿司にしてアルパーさんと食したが超旨かった。
IMG_2676.jpg

2006.06.18 
昨日から降り続いていた雨も午後には止みそう。
釣りに行く頃には曇り空。何とか釣りはできそうである。
ただ心配な事は那珂川水系は洪水気味ではないだろうか?
先週みたいに水は濁りゴミがたくさん流れていそうである。
またまた苦戦の予感。

まあシーバス&砂物がダメならば大洗方面にイカが入ってきたとの情報もあるので今回は時間があればエギングも試してみたいところ。
2006.06.16 
ついに今週末から関東も入梅。その影響で金曜は朝から雨。
仕事で横浜方面に行っていたが”ザーザー降り”でスーツもずぶ濡れである。
しかし午後からは雨も止み、土曜は晴れると天気予報が言っている。
自然とテンションも高くなる。頭の中は釣りモード全開!
今週も釣りに行くとするか~!
これだけ雨が降ればきっと川は増水し濁り&ゴミがひどいだろう。
しかも海は大荒れ(波・ウネリ4Mとか)ときた。八方塞である。

まぁ行けば何とかなるか。。。(何ともなりませんけど)
釣りも仕事もポジティブさが肝心!

今週は”岸釣り専科”に釣果投稿してくださる”フォレスト”さんと朝マヅメに待合せ、同行フィッシングの約束である。

それまで夜中は那珂川でシーバスを狙ってみるとするか・・・。

午前1:00~3:30 那珂川中流
ポイント到着。どれどれ川の様子は・・・!! やはり濁り&増水中
普段歩ける護岸が水没!やはり満潮時刻とも重なり水位は高い。
幸いな事に風は弱い。(このところ暴風の中の釣りだったので嬉しい)
雨後、増水、大潮、晴れ。こんな状況は年に何回も無いだろう。
これも今後の為のデータになるはず。
いつものポイントでウェーディング開始。満潮からの下げで普段であればベストタイムであるが水面にシーバスの気配は無い。
増水の影響で畳2帖程もある木や草のかたまりが流れてきてその度にキャストを中断、流れ去るのを待つ。非常に釣りづらい。
時折、角材なんかも流れてくる。
あんなのにラインを引っ掛けたらルアーロスト確実である。
バイトもライズもなく淡々と時間が経過。午前3時であるが東側の空はすでに明るくなりつつある。もうじき夜明けだ。
ちょっとのつもりが長居してしまった。フォレストさんとの待合せ場所へ移動する。


4:30~7:30 那珂川河口
フォレストさんとは初対面。駐車場で合流する。やはり色々な人と知り合うのは楽しい。
フォレストさん、アルパーさん、私の3人で実釣開始。
すでに河口にはアングラーが何人も入っている。
IMG_2606.jpg

我々はまだ人が入っていない”簡保下”を攻めてみるが水面は一面ゴミだらけ。1キャスト毎にルアーにゴミが引っ掛り釣りにならない。
ここを諦め河口サーフへ移る。河口部は比較的ゴミは少ないが水はコーヒー色に濁っている。マゴ・ヒラの砂物狙いには非常に厳しい状況。他のアングラーにも釣れている様子はない。なぜなら皆、空のストリンガーがベストにぶら下がったままだからだ。
4,5人に「釣れますしたか?」と聞かれ「ダメですねぇ」と答える。皆さん遠くから来ているようだ。
ネットで”那珂川河口でマゴチ・ヒラメが釣れてる”と情報を得たらしい。
ミノー→ソフトルアーをキャストし続けたが反応なし。陽も高くなってきた。
時計を見るとまだ7:00。普段の感覚だと9:00位の陽の高さ。いつも思うのだが海は太陽の明るさが違う気がする。ぼちぼち他のアングラーも帰りだした。夏のように暑い。我々も一旦撤収する。残念ながらマゴヒラは釣れなかった。

画像はサーフで頑張る”フォレストさん”
IMG_2607.jpg
お疲れ様でした!またご一緒しましょう!!

河口でさわやかな老夫婦を見かけた。
IMG_2608.jpg
将来はこういうのも良いですね。。。

さすがに寝ていないので睡魔が襲ってくる。頭もボーっとする。
今なら布団と枕があれば5秒で眠れる自信がアル。
昼までは大洗磯の駐車場で仮眠&休憩。
ここで出会ったアングラーも朝方は河口サーフにいたとか。
皆さん仲良くズーボーのようで。


13:00~16:00 東海サーフ
河口がダメならサーフで砂物を狙ってみよう!!という事で昨年もマゴチやヒラメを釣った某サーフへ。ここもアングラーで一杯である。駐車場もほぼ満車。岩ガキ採り、エサ釣り、子供をつれての浜遊び、ルアーマンetc。
IMG_2610.jpg

内湾サーフなので比較的波も穏やかである。しかしソフトルアーで探るも魚からの反応は無い。
IMG_2611.jpg
穴釣りをしていた人には小型のアイナメが釣れていた。

浜にはアサガオに似た花が辺り一面に咲いている
IMG_2609.jpg
なんというだろう???

磯崎港周辺も見たが相変わらず外海は大荒れ
IMG_2612.jpg


19:00~22:30 涸沼川中流部
もうヤケクソと執念と根性を掛け算した気分で最後のポイント”涸沼川”へ。那珂川本流が濁りがひどいのでシーバスも涸沼川に入ってきているという仮説である。先週までの涸沼川下流部は状況が良くないので中流部のメジャーポイントを攻めてみることに。
IMG_2615.jpg

到着した時はちょうど潮止まり、今下げ始まったところである。水面にはコイ科の魚のライズ多数。魚っ気がありなかなかの雰囲気である。キャストしていると対岸側でシーバスのライズ音が聞こえだした。どうやら対岸側にシーバスがいる様子。
対岸側に移動する。すると明らかにシーバスと分かる捕食音が流れのヨレ付近で起きる。
久しぶりにシーバスの気配がプンプンする。
TKLM~ワンダー~サスケ95~ローリングベイトとチェンジしながら探る。
しかし、何故かルアーに反応しない。一度TKLMの真後ろで水柱が上がったがフッキングに至らず。アルパーさんの方も同じ状況の様子。
涸沼本湖では良くある事だがボイルしまくりなのにベイトが豊富すぎて中々ルアーに食いつかない。それと似ている。
もしかするとエビパターンだったかもしれない。エビを食っている時はルアーで釣る事は難しい。
試行錯誤して様々試したが結局掛けることができないまま一時間ほどで水面は沈静化してしまった。捕食音からして40cmクラスが大半であるがまれに60cmクラスも混じっている群れの様子。パターンが掴めれば間違いなく爆釣できたはずだ。悔しい!超悔しい!

またシーバスにふられてしまった。
2006.06.11 
金曜日の深夜からの釣行。天気は曇り。雨の心配は無さそうである。
先週はひどい暴風雨だったのでホッと一安心。
ところがフィールドであるひたちなか市に着いてみると先週と変わらないほどの強風!なんじゃこりゃ!?風速10M近くありそうである。こんなこと天気予報で言ってなかったぞ。もちろんルアーはまともに飛びそうも無い。狙うポイントは向かい風になるため非常に釣り難い状況。なんとか根性で釣り開始。

午前1:00~2:00 那珂川中流
小潮の下げであるがこの時期夜は潮位があまり変動しない。今晩も15cm程しか水位が下がらない。したがって流れも緩やかであり期待薄。やはりヨレができる程度の流れは欲しいところ。ルアーは風でも比較的飛んでくれるワンダー80を選択。しばらくキャストを繰り返すが反応無し。その後ヨレヨレ、グーパ、ビーフリにチェンジしたが結果は変わらず。私より若干上流部を探っていたアルパーさんも反応が無いとのこと。このポイントは魚が不在のようである。そこで風裏となるポイントへ移動する。

午前2:30~3:30 那珂川河口・海門橋下
ここは風除けとなる堤防があるため先ほどとは打って変わりルアーをキャストしやすい。このポイントでは投げ釣り師が数名。釣れている様子は無い。あまり期待できるポイントではないがキャスト開始。
IMG_2571.jpg

R40を投げていた私の方は全く反応は無いがアスリートを投げていたアルパーさんは何やら”コツコツ”とした小さい反応があるらしい。チビセイゴかな?と思っていたところ”コツコツ”の正体がフッキング!あげてみた所正体は”サッパ”。しかもちゃんとケツフックが口にフッキングしている。仲間とでも思ったんだろうか。。。
IMG_2578.jpg

私も去年バイブでコイツが掛かったことがある。もちろんその時も口にフッキングしていた。川にも上がってくるしつくづく不思議な魚だ。
このポイントでもシーバスからの反応は無く朝に備え仮眠をする。

8:30~9:30 那珂川河口・湊側
目を覚ます風は強いがいい天気である。すでに駐車場はほぼ満車。皆さん投げ釣り。やはり強風で外海側では釣りができないためこちらに来たらしい。
IMG_2579.jpg

IMG_2581.jpg

サーフでの時合まで時間があるため暇つぶしにキャストしてみる。狙いは奇跡で釣れるヒラメ。ジグヘッドにグラスミノーをセットし岸壁際を探る。どこかのパパ投げ師が斜め30°にぶっこんでいるため正面方向にキャストできない。はぁ。。。
もちろん奇跡は起きなかった。

11:00~14:00 那珂川河口・サーフ
潮は下げ始めいい感じで流れがでてきた。コの字堤防にも数人渡っている。とりあえずサーフでヒラメ&マゴチ狙い
IMG_2585.jpg

今日は水が澄んでいるため底の様子が見える。海藻帯、捨石。まずは去年の実績ルアー”タイドミノー120”で探る。さすがに向かい風では飛距離がイマイチ。そこでソフトルアーにチェンジ。リトリーブヘッドで根周りを丁寧に探る。時々海藻が絡みつくが仕方ない。と、その時5M程先の水面で小魚が何かに追われ逃げたような・・・。そっと沖にキャスト、目指すポイントを通す。すると”ゴンッ!!””ブルブルッ!!!”ヒット!マゴチ特有の”ブルブル”感。今シーズン初マゴチである。
IMG_2584.jpg

9ヶ月ぶりのご対面。少々感激!サイズは40cm弱と小さい。
刺身にするにはちょっと小ぶりのためリリース。
マゴチも接岸し始めたようで今後楽しみが一つ増えた。

岩に腰掛け休憩しているとコの字堤防から戻ってくる2名の釣り人。手にはストリンガーが握られている。シーバスかな?と思って見ていると1人目の釣り人はストリンガーに5本程フッコがぶら下がっている。サイズは50cm位。続いて2人目の釣り人、同じ位のサイズかなと思っていたら水面から”ズズ~ン!”メロンほどの大きさもあるシーバスの頭が浮上!デカイ。。。80cmは確実。しかしそれよりも驚いたのがその太さ!腹はパンパンで物凄い体高である。釣り人も重そうに持っている。5kg位か?いやもっとあるかも。。。

ほぉ~ここに居たんですね。シーバスさんが。
コの字は潮が満ちている時は渡れないので来週の引き潮時にチャレンジしてみよう。

この日コの字に”りんたこ”さんも渡っていたようであるが無念の1バラシとの事。お疲れ様でした!またチャレンジしましょう!
2006.06.04 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。